モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

「情報過多」ではなく「意見過多」が問題だった。

どうもモケリンです。

昨日、本を読んでいて気になったことがありました。

 

「現代の抱える問題点は、情報の過多ではなく、意見の過多」

 

コチラの本に書いてありました↓

 

コロナの影響で、ついついネット検索してしまう時間が増えています。

同じような人はきっと多いはず。

 

今現在の状況はもちろん、今後の社会がどうなっていくのかという不安。

自分の立ち位置が見えないことで、余計にネットに依存して、新しい情報を仕入れて安心材料を手にしたい。

 

しかし、ネットを開いて目に入るのは「情報」ではなく、「意見」がほとんど。

誰かの「憶測」を目にする時間のほうが長いんですよね。

 

大抵の人が発している内容は、悲観的な意見が多いもの。

コロナの影響もあって、現状は楽観視できないのかもしれない。

けれど、「楽観視したらダメ」と人に決められるのもおかしくはないでしょうか?

 

自分が置かれている状況を冷静に見る。

そして自分の頭で考える。

 

私たちは、ジャーナリストやインフルエンサーなどに雇われているわけではないのだから

 

今回のコロナをきっかけにして、自分の頭で考える癖を改めてつけていきたいと思いました。

「意見」が苦しいという事実を、忘れないでいたい。

 

発信する自由、信じる自由、不安をあおる自由。

何でもありな状況だけど、自分を守るなら「人に左右されない状態」でいたいですね。

 

最近思うのが、「コロナ疲れ」って実際は、「人の意見疲れ」なのかもしれない、ということ。

本当に考える必要があることを見極めていきたいですね(それが何より難しかったりするけれどね)。