モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

『お金の減らし方』を読んだ感想

どうもモケリンです。

 

はてなブログに引っ越してきてから、一週間が経過しました。

昨日は過去最高のPVを達成していてビックリしました!!

 

読んでくださる方がいるというのは嬉しいですね。

ありがとうございます!

 

さて今日はコチラの本の話↓

 

収入の1割を好きに使う

『お金の減らし方』とは、「お金の使い方」の話。

結婚当初は貧乏であったらしい森家ですが、借金をしたことはなく、今やお金は貯まる一方という、非常に羨ましい状況。

 

しかし森さんは、お金があってもなくても、もともと「贅沢をしよう!」という気持ちがない。

むしろ自分の趣味にお金を使えたらそれでOK!と思っている。

 

収入が少なかった新婚時代から、森家では夫婦それぞれが、

「収入の1割を自分の好きなことに使う」

という取り決めがあったそうです。

 

夫婦で1割ずつなので、給料の2割を趣味に使うということ。

このお金がどのように使われても、相手に文句を言わない。

収入の8割で生活が出来ればそれでOK!というスタイルを、今現在も続けておられるそうです。

 

お金は貯めるものではなく、使うもの

この「お金を使う」という点を重視しているのが、すごく素敵だなと思いました。

多くの人は

「毎月いくら貯められるか」

「極力お金を使わないこと」

など、使うことよりも、使わないことに重点を置いているけれど、それだと結局はストレスが溜まったりしますよね。

 

私も覚えがあるけれど、「貯金しなきゃ!」「無駄遣いしないように!」と思うたびに物欲が増えていたように思います。

こんなに頑張っている自分に対して、「ご褒美」をあげてもいいだろう。

と考えることが多くなり、結果的に散財するという生活をずっと続けていました。

いや・・今でもたまにあるなぁ・・散財・・。

 

ストレス解消のためにお金を使うのも、一つの手段なのでは?

と思ったこともあったけれど、『お金の減らし方』の中に、

ストレスを解消することが、あなたがしたかったことですか?

と書いてあって、自分の思考が間違っていたことに気が付きました。

 

ストレス解消でお金を使うのはもったいない!

頑張ることにストレスを感じ、その結果、「ストレスを解消する」という名目でお金を使うのはもったいないことなんですよね。

ストレスが溜まると、本当に欲しいものかどうかを冷静に判断できないことが多いから、不要なものを買うことも多い。

 

そもそも森さんは、「お金は自分を満足させるために使うもの」だと書かれていました。

多額のお金を持っていても、なにも良いことはない。そのお金を、自分が欲しいもの、やりたいことと交換しなければ、価値は生まれない。お金を失うことで、価値が得られるのだ。『お金の減らし方』より引用

 

お金を使ってこそ意味がある。

ただし、ただ使えばOKではなくて、自分を満足させる必要がある。

 

これからは「貯める」こと以上に、「使う」ことを意識していきたい。

他人の目も気にしないで、自分の気持ちと向き合って、お金を使う。

 

ちょっとやってみようと思います!