モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

稼ぐことに意識が向きすぎて失敗していた

どうもモケリンです。

 

「4月はブログを毎日更新してみよう!」

と思い立って、現在継続中。

まだ9日目ではありますが、順調に更新できていて嬉しい限り。

 

しかし昨日、ちょっと思ったことがありました。

 

 

ブログの収益化の難しさ

私が「ブログを収益化させたい!」と思い立ったのは2018年7月。

Wordpressの設定やらに戸惑い、実際にブログを立ち上げることが出来たのは2018年の9月。

 

「ブログで収益を上げたいなら、有益情報を毎日更新すること!」

という先人ブロガーさんたちの意見を受けて、毎日更新することを目標にしてみたものの、すぐに無理だと判明。

  • 有益な情報
  • 記事を見やすく飾る
  • 分かりやすい文章
  • etc

 

考えることが山のようにあるし、必要と思われる情報も山のようにあって、24時間フル回転でブログのことを考えていました。

夢の中でもブログに追われて、いつしか本質を見失っていたことに、昨日気づきました。

 

順番を間違えていた

「ブログで稼ぎたい」

という気持ちはあるけれど、本当に大事なのは

「ブログで何を発信したいのか」

が、先なんじゃないか。

 

「人に読まれる記事にするためのノウハウ」を勉強するのではなくて、

「自分が何を書いていきたいのか」が先なんじゃないか。

 

まずは「稼ぐ」ということを出発点にすると、お金のことしか考えられなくなる。

お金は大事だけれど、お金だけが大事でもない。

 

考えたら当たり前のことだとも思うのに、気づいたらまた「お金が何よりも大事!」という思考になっている。

これは一体なぜなのか。 

 

見栄で動いていた自分

私自身、

「稼いでいる人=スゴイ人」になりたいし、「忙しく働いていればスゴイ人に思われる」という気持ちがずっとありました。

とにかく「スゴイ人」と思われたかった。

だからブログで収益を上げて、「今月は〇百万稼ぎました!」みたいな人が心底羨ましかったんです。

 

「スゴイ人」と思われたい気持ちは悪化して、人にどう思われるかを考えて行動するようになりました。

そうすると「当たり障りのない話しか書けないブログ」になってしまう。

その結果、「読まれないブログ」が出来上がる。

 

理想を追い求めたら、真逆の状況が発生していました。

 

一番の原因は「他者目線」で動いているからなんですよね。

「自分目線」で自分が発信したいことを書いていない。

 

 

昨日も記事にしましたけれど、森博嗣さんの『お金の減らし方』の中で、

人のものを見て羨ましいと感じやすい人ほど、自分が持っているもので人を羨ましがらせたい、と考える傾向にある。

このような目的に自分のお金を使うことが、実に多いように観察されるが、いかがだろうか。『お金の減らし方』より引用

 このように書いてありました。

 

 

私がブログを始めたのは、稼いでいる人が羨ましかったから。

そして人に羨ましいと思われたくて、稼げる人になりたかったんだと気づきました。

 

見栄で動いてた。

そんなんだから物事が上手くいかなくても当然なんだろうなと、今、分かりました。

 

やりたいことをやっていく

ちょっとね、物事をシンプルに考えてみようと思います。

 

ブログを書くことは好きなので、ブログは続けます。

でも、有益な情報だったり、人に読まれるための記事だったり、もうそういうのは一旦捨てます。

「書きたいことをつらつらと書く!」

これに徹します。

 

4月になって書いた記事は、書きたいことをつらつらと書いているだけだけど、結構楽しんでやれているので、これが自分に合っているんだろうなと思ったり。

今のやり方が、自分に正直な感じで居心地が良いんですよね。

この「居心地が良い」という感覚は、生きるうえでめちゃくちゃ重要だと思う。

だから見つけたこの感覚を忘れずにいたい。

 

なんか長くなってしまいました。

でもこうして自分の思いを残しておくことは、未来の自分を助けることもあるので大事なこと。

未来の自分がまた自分を見失ったときに、このブログ記事を読んで自分を取り戻してほしいな。