モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

焦りと不安の原因

f:id:mokerin:20200422105740p:plain

どうもモケリンです。

 

最近、「何もしないままで1日が終わってしまった」と感じることが増えました。

 

「何かもっと有意義なことをしないといけない」

 

そんな気持ちに焦りも生まれて、何か分からないけれど無駄にジタバタしていました。

 

 

たまたま読み返していた本の中に、こんなことが書いてありました。

 

気がついたら何もしないまま一日が終わってしまった。日々の忙しさに流されて、こんな毎日を過ごして不安になっていたり、焦りが募ってはいませんか?

実はその焦りの原因は「あなたがあなたらしく生きていないから」。

『手帳と言う武器をカバンにしのばせよう』より引用

 

本に書いてある「あなたらしく」とは、自分の良いところも悪いところも全て把握したうえで、目標などを掲げて「より良い自分」を目指すことのようです。

 

なんとなく

「好きな仕事がしたい」

「もっと楽しいことがしたい」

と思っていても、漠然としすぎているのでゴールが見えない。

 

ゴールが見えないということは、歩くべき道が見えないということ。

道がないならスタート地点から動けない。

そして動けない自分に焦りを感じて、気持ちだけはジタバタしてしまう。

といった状況になるということでしょうか。

 

私自身を振り返ってみても、

「好きなことで稼ぎたい」

という、漠然とした思いしかありませんでした。

 

何で稼ぎたいのか。

何が好きなことなのか。

 

そういったことを明確にしないままで、物事をスタートさせようとするなんて無理がありますよね。

 

段階を踏んで前に進むしか道はないのに、

「稼げる人になりたい」

と、考えていました。

 

自分が今抱いている焦りの原因は、自分自身が作っている。

その事実に気づくと、ちょっとだけ気持ちが軽くなりました。

 

今は色んなことで不安になりやすい時ではあるけれど、その不安の原因を作っているのは自分かもしれない。

その事実だけはしっかりと忘れないようにしたいところです。