モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

恐怖本能は刺激しない!

f:id:mokerin:20200424102202p:plain

どうもモケリンです。

今日は『ファクトフルネス』の「恐怖本能」についての話です。

 

 

今は「不安になる要素」が重なっている

連日のコロナの報道や、自粛生活が長引いていることもあって、心が疲れている人も多いはず。

人は分からないもの、知らないものに対して恐怖を抱くものなので、「新型コロナウイルス」に対して恐怖を抱くのは、当然といえば当然の話。

 

『ファクトフルネス』の中に「恐怖本能」の話がありました。

 

  • 身体的な危害(暴力、危険動物、鋭利な刃物、自然の脅威など)
  • 拘束(何かに閉じ込められたり、誰かの支配下に置かれたり、自由を奪われるなど)
  • 毒(目に見えない有毒物質など)

1つ1つでも「恐怖」なのに、これが2つでも重なるとより「恐怖本能」が刺激されるそうです。

つまり「恐怖」を感じて、パニックになりやすいということですね。

 

私たちの今の生活って、

「身体的な危害」=新型コロナウイルス

「拘束」=自粛により自由を奪われている

この2つが重なっているので、「恐怖本能」が刺激されて、冷静さを失っている状況かもしれません。

 

過剰に不安になっている?

コロナは脅威かもしれない。

けれど、過剰に不安になっている部分もあるのではないだろうか?

 

コロナに感染するかもしれない恐怖。

いつまでこの自粛生活が続くのかという不安。

 

以前と同じような生活になるには、いつまで待てばいいのか。

そんな気持ちが、余計に不安を増殖させているのかもしれません。

 

『ファクトフルネス』の中にも、

世界は、実際より恐ろしく見える。メディアや自身の関心フィルターのせいで、あなたのもとには恐ろしい情報ばかりが届いているからだ。

と書いてありました。

 

ニュースは「恐怖本能」を刺激する内容ばかりを報道しているらしいので、見れば見るだけ不安になってしまうように出来ているそうです。

 

メディアは、本当に大事なことだけを伝えてくれるわけではない。

そう考えると、自分の今の不安が「作り出されたもの」かもしれないということに気づきました。

 

 

 

冷静になる

今、私たちに必要なのは、

「過剰に不安にならない」

「パニックにならない」

ということかもしれません。

 

「思いつめて不安にならない」=「楽観視する」

というのは違うけれど、

「恐怖を作り出さない」

という部分は、意識したいところ。

 

今はシンプルに

「家で過ごす」

という点だけに、意識を集中したら良いのかもしれませんね。

 

引きこもり万歳!