モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

冷静になるには「疑う」視点を持つ

f:id:mokerin:20200512105541p:plain

どうもモケリンです。

 

メディアの報道に気持ちまで左右される日々から解放されつつありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

報道されるものの多くは「悪いニュース」という事実を頭に叩き込んだ結果、冷静にニュースを見ることが出来るようになってきました。

 

冷静になれたのは『ファクトフルネス』の影響が大きいです。

 

「悪くなっている」という思い込み

今までは、世界が悪くなっていると思い込んでいました。

しかし実際は違うんですよね。

 

医療の発達によって救われた命は増えているし、貧困層は年々減少している。

死亡率は減っているのに、それについては良いニュースとして報道されることはありません。

 

救われなかった命、貧困に苦しむ人など、そういった人にスポットを当てるほうが人々の関心が得られる。

関心が得られたら視聴率だってとれるし、サイトにアクセスもしてもらえる!

 

悪いニュースを流すことで、誰かの思惑通りになっているのかも!?

f:id:mokerin:20200512104116p:plain

 

誰が得をするのか考えてみる

不安をあおられた人々は冷静さを失うので、操作されやすくなります。

例え事実をねじまげた報道をされても、冷静さを失った人にとっては「事実」と認識されてしまいます。

 

ニュースは「事実を伝えている」のか?

それとも「不安を増長させている」のか?

この2つの境界線はあいまい。

 

報道する側は「不安をあおっていない」と言うでしょう。

それなら何故、嬉しいニュースや楽しいニュースは伝えられないのか。

「世界は悪いことばかり!」といったニュースばかりを流すのか。

 

報道も慈善事業ではないので、思惑が重なってしまうのも仕方がないのかもしれません。

だからこそ流されないようにしたい。

 

この報道は何のためなのか。

不安にさせることで、誰がどのように流されるのか。

その結果、誰が得をするのか。

 

 

私は現在、ニュースには疑いの目を持つようにしています。

そのおかげで安易に流されることなく、不安に陥ることもなくなりました。

f:id:mokerin:20200512104645p:plain

 

どんなことでも「別方向から見る」というのは大事。

一方から見るだけでは、偏った見方をしてしまうので、結局は流されてしまうんですよね・・。

 

今まで散々、騙されてきた私。

これからは冷静さを兼ね備えた人間になりたい!!

道のりは厳しそうだけど、頑張ります・・・。