モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

「日記」はやっぱり面白い!

f:id:mokerin:20200514110913p:plain

どうもモケリンです。

 

藤田香織さんの『だらしな日記』を久しぶりに読み返して、改めて「日記は面白い」と実感しました。

でもこれって、有名な人が書く「日記」だから、面白いと思うんでしょうかね。

 

今まで読んで面白いと思った日記は、 

まず、森博嗣さんの日記↓

 

桜庭一樹さんの日記↓

乙一さんの日記?(嘘か本当か分からない日記)↓

阿久津隆さんの読書日記↓

ヴァージニア・ウルフの日記↓

 

などなど。

 

どの作品も、著者の日常や思考などが書かれていて、非常に面白く読めます。

 

有名人だからこその面白さというのは、やっぱりあるかもな。

出版の話とかされたら、本好きとしては興味深く読んでしまうもの。

特に作家さんの日常とか、知りたいと思う業種の人の日記は読んでいても面白いですね。

 

だからと言って、作家さん以外の日記が面白くないわけじゃない。

現に阿久津隆さんは、喫茶店の経営者らしいですし。

 

伝え方が上手であれば、どんな人でも「日記」を面白く読ませることは出来るはず。

私はまずその「伝え方」が身についていないから、面白い文章になる前段階が確立されていない。

 

でもこうしてブログを毎日書くことで、文章の面白さを再発見しているので、もっともと書いて書いて書きまくって、面白く読んでもらえるように頑張りたい!!

ブログをスタートして2年目だけど、今が1番、心から楽しんでブログに向かえてるかも。

しかしアクセス数は全く伸びないので、空回りしている感が否めない(笑)