モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

怒らない母になれなかった理由

f:id:mokerin:20200603193420p:plain

どうもモケリンです。

 

緊急事態宣言が解除されたと思ったら、暑くなってきましたね。

マスクも解除してほしい・・。

f:id:mokerin:20200602094334p:plain

 

 

「怒らない母」になれなかった

先日、子どもの話を聞くようにして効果があった!という記事を書きました。

www.mokerin.com

 

怒らないことで、子どもたちとの関係も良好♪

なんて喜んでいたのもつかの間、その数日後に子どもたちに怒り爆発!

www.mokerin.com

 

怒る母を脱却ならず!!で、すっかりしょげていた私・・。

f:id:mokerin:20200602094750p:plain

 

怒らない母になりたくて、育児書、子育て本などを読み漁り、アンガーマネジメントなどの怒りをコントロールする本も、何冊も読んできました。

 

本を読んでるときは「気をつけよう!」と思うんです。

しかし時間が経つにつれ、段々と元の自分に戻っていく。

そんな状態を何度も繰り返してきました。

 

情報は仕入れているけれど、それが知識になってないんですよね。

ただ知っているのと、理解して自分のものにしているのとでは、結果が違う。

私の場合、情報ばっかり仕入れて頭でっかちになってるだけで、自分の中に明確な知識として定着していないことに気づきました。

 

ドーピングと一緒

先日紹介したDainさんの『わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる』

の中で、Dainさんが本を読んで「怒らなくなった」という話がありました。

その中に、

『怒らないこと』(アルボムッレ・スマナサーラ著を読んで)で、怒らなくなった。これは本当だ。だが、それは読んだ直後のこと。自己啓発書によるドーピングといっしょで、時間が経つと効力が薄れてくる。

と書いてあって、納得。

 

本は読んだ直後限定で、発揮される効力がある。

一生効き続ける薬がないように、本の効き目も時間と共に薄れてしまうのは当然のこと。

 

では、怒らない母になりたいこの思いは、一体どうすればいいんですか???

 

と思ったら、Dainさんはあっさりと、

「本を再読すればいい」

とおっしゃってます。

 

本の効き目を長引かせたかったら、同じ本をずっと読み返せばいいんですよね。

f:id:mokerin:20200519100134p:plain

同じ本を読み返す

怒りたくないなら、怒らなくても済むような本を読む。

そして「怒りたくない」という気持ち、「怒らなくてもいい」という事実を忘れないように、繰り返し同じ本を読み続ける。

 

一回読んだぐらいでは、なかなか情報は頭に入りきらないし、知識として定着もしない。

だからこそ何度も同じ本を読み返す、というのは必須条件だと感じました。

 

変わりたい自分がいる。

そんな自分を変えられそうな本を見つけた。

変わるまで読み続ける。

 

たくさんの新しい本を読みたい気持ちはあるけれど、

「まずは自分が変わるのが先」

だと、最近思っています。

 

再読にトライしてみよう。