モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

学びたければ金を稼げ!

f:id:mokerin:20200611095626p:plain

どうもモケリンです。

 

昨日、ビジネストークについて思うことを記事にしました。

www.mokerin.com

 

「稼げる方法」があったら、「知りたい!」と思いますよね?

「その方法を知るためには○○万円かかります!」

と言われたら引いちゃうけれど、それが数百円なら

「購入しようかな?」

って思ってしまうことが、多々あります。

 

 

しかし!

稼げる方法を知るために、その情報を買うことが、

本当に自分のためになるのか?

というと、実はそうでもないようです。

 

今回は、ちきりんさんの『ゆるく考えよう』に学びました。

 

 

成長できるのはビジネスする側

本の中で、就職難の人たちが通う「就職予備校」の話が出てきます。

多ければ15万円も料金を支払うらしい「就職予備校」。

金額にひるみますが、就職できない悩みを持つ人にとっては、大きな学び場のように思えます。

 

しかし、この予備校で学べるのは通っている人ではなく、予備校側の人!

こういったビジネスがヒットするだろう、と考えた予備校側の人のほうが成長できる!と、ちきりんさんは本に書かれていました。

 

予備校側の人たちは、どうやったら多くの人を

「予備校に通いたい!」

と思わせることが出来るかを、日々考える必要があります。

15万円も支払ってもらうわけですからね、予備校にどれだけのメリットがあるかを、消費者に伝える必要があります。

 

このため「稼ぐ」ことを日々学んでいるのは、予備校側の人になります。

試行錯誤して商品を買ってもらおうとすることで、「稼ぐ力」がどんどん磨かれていくそうです。

 

学びたいなら「お金を稼ぐ」 

これは有益な情報をnoteなどで販売している人たちも、同じじゃないかな?と思いました。

 

どれだけ自信のあるnoteであっても、多くの人に購入してもらおうと思ったら、セールストークなども必要になります。

どうやったら購買意欲をかき立てることが出来るか、どうやったら読み手に満足してもらえるか。

 

そうやって試行錯誤していくので、稼ぐ力が身につくのは「買う側」ではなく、「売る側」なんですね。

 

ちきりんさんは本の中で、

「学びたければ金を稼げ、金を払っている場合じゃない」

と書かれています。

 

まずは行動してみる!

「稼ぎたいけれど方法が分からない」

そう思って、本や商材を購入したくなったりしますが、それでは稼ぐ力は身につかない。

 

ビジネス書などを読んでも、読んでるときは何でも出来そうな気がします。

しかし読み終えると、書いてあることを忘れてしまうので自分が何をするんだったか、それすら忘れてしまうんですよね。

けれど、行動してみてうまくいかなかったとき、手助けになるような本を読むと、理解も深まるし、自分が何をするべきなのかが分かりやすい!

 

つまり、

何でもまずは行動してみる!

というのが、大事だということですね。

 

行動することが学びだということを、忘れないようにしよう。