モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

『ケーキの切れない非行少年たち』を読んで「見えない障害」の難しさを知る

f:id:mokerin:20200617103730p:plain

どうもモケリンです。

 

久しぶりの更新♪

しかし何ですね、更新していないときのほうが100倍ぐらいアクセス数がアップするのは、更新しないことの励みになりますね。

訪れてくださる方がいるだけで、私は救われております。

 

さて今日は、『ケーキの切れない非行少年たち』の話。

 

見えている世界が違う

著者が関わってきた「非行少年たち」は、ケーキを3等分する図を書くことが出来ない。

イラストをマネして書くということも難しい。

知的障害、精神障害発達障害などを抱えた「非行少年たち」は、「見る力」が弱いようです。

 

さらに「聞く力」も弱いため、話がすんなり頭に入っていかない。

目も見えていて、耳も聞こえていて、会話もできる。

けれど一般的な人たちとは見えている世界が違うので、一緒に暮らしていく中で問題が発生してしまうようでした。

 

脳の特性だと理解する

私には障害を抱えた子どもがいます。

そして障害児たちと関わる仕事もしてきました。

 

この本を読んでより強く思いますが、障害を抱える人たちにとって、障害のない人が多く暮らしているこの世界は、かなり生きづらいと思います。

今は昔に比べたら、個人を尊重する時代になったのかもしれないけれど、まだまだ「右にならえ」が強いと思っています。

 

障害を抱える人たちは、

「努力しないから出来ない」

のではないということ。

個人の特性だと理解すること。

障害を抱えていない人が理解するのは、まずそこだろうと思います。

 

見えない障害は理解しにくい

我が子は車椅子に乗っています。

そのため、初めて会う人にも「障害があるんだな」と、分かってもらえます。

 

一般的な人とは、はっきりとした違いがあることで、当初は戸惑いもあった私。

けれど今では「見える障害」だからこそ、多くの人に支援してもらえている事実に感謝しています。

 

『ケーキの切れない非行少年たち』の中で登場する人たちは、「見えない障害」を抱えている人たち。

見た目で障害のあるなしが判別できないので、困っているのか、助けが必要なのかが分からない。

 

分からないということは、理解されにくいということ。

理解されないと、間違った方向に進んでしまう可能性が大きい。

そうならないためにも『ケーキの切れない非行少年たち』では、「コグトレ」が紹介されています。

 

学校の朝の時間に5分やるだけでも、効果があるらしいです。

私も子どもの認知能力には困っていたので、「コグトレ」を実践してみようと思っています。

 

最後に

「見える障害」「見えない障害」どちらにしても、困っていて助けが必要なのは、本人よりも、周りの大人だと思います。

どうやってサポートすればいいのか。

それを知りたいのは本人以上に、親や周囲の大人たちだと思う。

 

だから専門家に相談するのは大事。

ただ、相談したからといって、すべてが解決できるわけじゃない。

とにかく試行錯誤しながら、本人と付き合っていくしかないんですよね。

  

どれだけ良いと言われていることでも、我が子に合うとは限らない。

「これでいいのだろうか?」

「本当にこの子のためになるのだろうか?」

など、親は毎日悩むもの。

 

障害のあるなしにかかわらず、「親である」というだけで悩みは尽きませんからね、ちょっとゆったり構えたいのが本音。

でも出来ないのが現実。

 

何があってもドンっと構えられる母ちゃんになりたいですな。