モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

本に読まれない、情報にのまれない。

f:id:mokerin:20200711163850p:plain

以前から気になっていた、小飼弾さんの『本を遊ぶ』を読んでいます。

 

本を読んで気になったことはコチラ↓

 

 

本に読まれていませんか?

『本を遊ぶ』の中に、

「本に読まれないようにしよう」

といったことが、書かれていました。

 

同じジャンルや、同じ著者の本を読み続けるというのは、受け身な読書をしている証拠。

書いた人の思考を、ただ流し込んでいるだけ。

自分で考えることを放棄しているようなもの、というわけです。

f:id:mokerin:20200711095023p:plain

 

読書を通じて、

「自分の頭で考えられるようになることが大事」

だと、小飼さんは本に書かれています。

 

受け身な読書では、自分の頭で考えるということが出来ない。

今は特にスマホなどから情報が溢れ、自分で考えるということがしにくい状況ですよね。

 

情報に流されたくない!

情報に飲み込まれないようにしたい!

と思って読書をしても、自分の頭で考えずに読書をしているのなら、意味がないのかもしれない!と反省しました。

 

「役に立つ」って何?

特に気をつけたほうが良いのは、「ビジネス書」ばかり読んでいる人だそうです。

  • 自分の知りたいジャンルばかり読んでしまう。
  • それ以外(小説など)の読書は、意味がないと思ってしまう。

 

私自身、ここ数年、ビジネス書や自己啓発書ばかり読んでいます。

以前は小説ばかり読んでいたのですが、

「自分の利益になる情報だけを欲しい」

と思うようになったのです。

f:id:mokerin:20200711095130p:plain

 

自分の利益だけを考えていることを、小飼さんは「貧しい」とバッサリ。

自分にとって何が役に立つのか、その判断は難しいもの。

そもそも「役に立つ」ことが何なのか、はっきりと分かっていないと本に読まれてしまうだけだと、小飼さんは仰っています。

 

  • 現状を打破したい!
  • 自分を変えたい!
  • もっとお金を稼ぎたい!

などなど、明確ではないことを求めて読書をしても、結局のところ得られるものなんてないんですよね・・。

問題が分からないのに、答えを求めている。

これでは意味がないということを、改めて教えられました。

 

おわりに

「読書をする」と言っても、ただ文字を読むだけではダメ。

書かれていることを全面的に信じてもダメ。

 

考えてみれば当たり前のことだけど、すっかり忘れていたような気がします。

 

情報を信じる。

情報を発信している人を信じる。

これでは流されるだけ。

 

何でもかんでも疑うのは疲れるけれど、実際は情報を疑うこと。

崇拝している人だからという理由で、発信内容を信じないこと。

 

とにかく自分の頭で考えて、物事を判断する。

判断できるまでの道のりは、簡単ではないかもしれない。

それでも、「考える」ことを放棄しないようにしたいですね。

 

読書を通じて、自分を成長させることを忘れないようにしたいと思います。