モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

ブログネタに困る人の特徴

f:id:mokerin:20200720111132p:plain

「ブログを毎日更新したい!」

と考えて、2年前にブログを開設した私。

 

しかしすぐに気づきます。

「毎日更新できるほどのネタがない」

ということに。

 

そんな私のように、ブログネタに困っている人は、

「人の話を聞いていない」

ようです。

 

 

自分のことを喋りたい人が多い

この「人の話を聞いていない人たち」の話が、森博嗣さんの『森籠りの日々』に書いてありました。

 

世の中の8割くらいは喋りたい人だと、森さんは本に書かれています。

確かに人の話を聞いている時も、次に自分が何を話そうかと考えている。

f:id:mokerin:20200720105252p:plain

 

これは文章でも同じようで、書きたいことを書いている人は、すぐにネタ切れになると本に書かれていました↓

 

「ものを書く仕事も、どちらかというと、書きたい人が多くて、結局、ネタ切れになります。人の話を聞くタイプは、たぶん、ネタが尽きるようなことはありません。」

『森籠りの日々』より引用

 

自分の頭で考える

「ネタ切れになって慌てて仕入れても、オリジナリティーが育たない」

と、森さんは仰っています。

 

自分の頭で考えていないから、その場しのぎのものしか発信できない。

これは非常に耳に痛い言葉でした。

 

「話を聞いて、考える人だったら、どんどんネタは頭の中で増えてくるでしょう。」

『森籠りの日々』より引用

 

結局は自分の頭で考える、ということが最重要事項!!

オリジナリティーを出すという点でも、自分の頭で考えることは大事!

というか、むしろ真っ先にするべきことなんですよね・・。 

私は全くできていなかったので反省します。

 

ちなみに自分の頭で考えることの重要さを教えてくれるのは、ちきりんさんの『自分のアタマで考えよう』です。

 

ちきりんさんの文章は、難しい表現が無いので非常に分かりやすいです。

オススメです!!

 

www.mokerin.com

 

急がず慌てず

ブログネタに困っていた私ですが、困っていた理由は、

「ブログをとにかく更新しないといけない!」

という思い込みがあったからだと気づきました。

 

本当に大切なのは「毎日更新する」ことじゃない。

発信したいことを、分かりやすく発信する!

 

このことを忘れないように、常に意識していきたいと思います。

ブログネタに悩む日々よ、さようなら。