モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

悩むと病気になるらしい。

f:id:mokerin:20200728105545p:plain

気持ちが落ちてしまうことが、コロナ以降に増えました。

元々ネガティブなので、コロナですっかりメンタルをやられましたね。

同じようにメンタルやられている方、きっと多いはず。

 

そんな中で、デール・カーネギー氏の『道は開ける』を読んでみました。

 

読むだけでも気持ちがラクになったので、めちゃくちゃオススメです!!

 

 

 

悩むと病気になる

本の中に、

「悩みがもたらす副作用」

という項目があります。

 

「人は悩むことによって、健康も損なう」

という話が書いてありました。

f:id:mokerin:20200728102150p:plain

 

過去の失敗、未来への不安。

悩みは日々尽きませんが、悩むことで病気になるという話がとても印象的でした。

 

 

実際に私も思い返してみると、悩んでいるときは必ず胃腸炎になっています。

ストレスの度合いが強ければ、症状も強くて、数日寝込むなんてこともザラにありました。

心が体をむしばんでいる、ということですよね。

 

ストレスは自分が作りだしている

そのストレスですが、作り出しているのは自分。

自分がストレスだと思わなければ、どんなに嫌なことでもストレスにはならない、という話でもありますね。

f:id:mokerin:20200728103832p:plain

 

どんなことでも、思い悩んでいれば自分が苦しいだけ。

悩んでたら問題が解決するわけでもないのに、人は悩んでしまうもの。

 

でも悩まないためには、どうしたらいいの?

 

忙しく過ごす!

「悩む」という行為をやめるには、忙しく過ごすこと!

忙しいと思い悩んでいる時間がありません。

 

人には、ボーっとする時間も大事だけど、

「悩みが消えない」

「すぐに落ち込んでしまう」

という時は、忙しくしてみると良さそうです。

f:id:mokerin:20200728104751p:plain


私も

「悩んで落ち込んでいるなぁ」

と感じたら、忙しい日々を送ってみようと思います。