モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

集中できる「15分」だけ頑張ってみた結果

f:id:mokerin:20200906101436p:plain

 

「人間の集中できる時間は、頑張っても15分ぐらい」

 

と、ひきたよしあきさんの博報堂スピーチライターが教える短くても伝わる文章のコツ』に書かれていました。

 

時間をかけても納得できない

人間が集中できる時間は15分程度。

とはいえ、やり始めたことは、最後までやり遂げたいじゃないですか。

 

だから、時間をかけてでも、

「最後までやってしまおう」

と考えてしまう。

f:id:mokerin:20200906100250p:plain

 

さらに私は、

「時間をかけたら、より良いものが出来上がる」

と勝手に思っていました。

 

でも違うんですよね。

 

時間をかけたらかけた分、良いものにはならない。

むしろ、自分の中で粗探しが始まるんですよ。

 

「ここが気になる」

「ここも直そう」

みたいなことになって、いつまで経っても納得のいくものに仕上がらない。

f:id:mokerin:20200906100351p:plain

 

そんな経験を思い出しました。

 

www.mokerin.com

 

 

次の頑張りにつなげるために

ひきたさんの本の中には、

 

 "15分、集中する。それをすぎたらいったんパソコンを閉じ、次の隙間がくるのを狙う。キリのいいところまで、完璧に終えてしまえば、たしかに安心です。しかし、その安堵感のせいで、「もっといい企画を練ろう」という気持ちが失せてしまうのです。"

博報堂スピーチライターが教える短くても伝わる文章のコツ』より引用

 

と、書かれています。

  

最後までやり遂げると、次の頑張りに繋がらないんですね。

 

最後までやり遂げたら、達成感はあるんです。

しかし、また同じことをしようと思ったときに、

「あんなに大変だったことを、またやるのはしんどいな」

と思ってしまう。

 

こうなると、立ち上がる気力がなくなって、やる気が失せますよね。

f:id:mokerin:20200906100458p:plain

 

ここで

「15分だけやってみよう」

という意識に変えてみました。

 

すると

「15分なんてあっという間なんだし、ちょっとやっとこうかな」

と、思って動けるようになりました✨

f:id:mokerin:20200906100546p:plain

 

www.mokerin.com

 

 

実際に15分刻みでやってみた

普段、ブログの完成までに3時間ぐらいかかるんですよ、私。

それなのにあの仕上がり!?と思っても言わないでね、泣くからね。

 

しかし今回の記事は、大まかな文章を15分で作成。

別の15分で、記事を見直し。

別の15分で、画像などの装飾。

といった感じで、15分刻みでやってみました。

f:id:mokerin:20200828094246p:plain

 

結果として、仕上がり具合に大差なし!

それもちょっと悲しい現実。

 

自分の疲れ具合がまったく違うので、15分刻みで動くほうが良いことが分かりました。

 

これは良い方法ですね✨

 

「15分だけ頑張ってみよう」

の精神を持つのは、非常にオススメです。

f:id:mokerin:20200906100910p:plain

 

 

www.mokerin.com