モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

「テキトー母さん」が子どもを幸せにする!

f:id:mokerin:20200909110934p:plain

 

Twitterで流れてきたので、気になったこの記事👇

kodomo-manabi-labo.net

 

今日は「脅し」と「テキトー母さん」についての話です。

 

無意識にしている「脅し」

ダブルバインド」とは、矛盾している指示や命令のこと。

相手を脅して、自分の言うことを聞かせようとすることのようです。

 

例えば、

「言うこと聞かないなら、置いていくよ(実際には置いていかない)」

「おもちゃを片付けないなら、全部捨てるよ(片付けなくても、おもちゃは捨てない)」

「怒らないから正直に答えて(答えさせたあとで怒る)」

「勝手にしなさい!(本当に勝手なことをしたら怒る)」

などなど。

 

子どもを育ててたら、口にしている人も多い言葉の数々。

これらは「脅し」になるので、使ったらNGのようです。

f:id:mokerin:20200909105743p:plain

 

上記の記事の中では、「ダブルバインド」にならないための声掛けなども書かれています。

 

しかし、ずっと「ダブルバインド」の声掛けをしていた私からすると、とっさのタイミングで「ダブルバインド」にならない声掛けをする自信がない。

イライラしていたら、冷静に判断できなくなるし。

f:id:mokerin:20200909102143p:plain

 

 

ということで、記事の中に『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の名前が出ていたので、本を読み返して「テキトー母さん」になろうと決意!

 

子どもを苦しめる母親の特徴

まず『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』に、

「こんなお母さんは子どもを苦しめる!」

というものが7つあります。

 

①完璧主義のお母さん

②「あなたのためを思って」が口癖の過保護、過干渉なお母さん

③「一番にならないと駄目」だと思っているお母さん 

④自分が果たせなかった夢を子どもに託しているお母さん

⑤「努力は報われる」と思っているお母さん

⑥子どもの短所をたくさん見つけてしまうお母さん

⑦できない時だけ叱り、できた時に褒めないお母さん

 

 

私は全部、当てはまりました。

 

子どもを苦しめたくてしているわけじゃない。

けれど気づいたら、子どもも自分もしんどくなっている。

 

 

私の完璧主義なところが、自分も子どもも苦しめているんだろうな。

f:id:mokerin:20200823101035p:plain

 

 

www.mokerin.com

 

 

テキトー母さんってどんな人?

一方の「テキトー母さん」とは。

 

「親も子どもも幸せになるテキトー母さん」

のくくりで、こちらは6つあります。

 

①期待しない

②他の子どもや兄弟と比較しない

③親バカになる

④ママ友と群れない

⑤育児本に頼らない

⑥世界中を敵に回しても子どもの味方になる

 

①の「期待しない」が出来るだけで、自分も子どももラクですよね。

「期待しない」と、「出来なくても当たり前」と考えられる。

そうすると、ムダに怒る回数が減る…はず。

f:id:mokerin:20200701093617p:plain

自分にも子供にも「期待しない」ことが、ラクに生きるコツか。

 

www.mokerin.com

 

何でも真正面から向き合うのやめる 

『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の中で、

「親だってイヤになることもある。そんな時は子どもを変えようとするより、自分の状況を変える方が手っ取り早いです。」

と書かれていました。

 

  • イライラしちゃうなら見ない
  • つい怒鳴っちゃうなら口出さない
  • テキトーに聞いとく

 

など、常に子どもと、真正面から向き合わなくてもいいんですよね。

 

子どもの言動すべてをチェックして、何でもかんでも口を出していた私。

24時間監視システム以上の働きをしていました。

何をするにも、あーだこーだと口を出し続ける。

f:id:mokerin:20200909102231p:plain

 

これ、自分がやられたら、めっちゃしんどいわ。

ということに気づきました。

 

自分がされてイヤなことは、人にもしたらダメですね。反省。

 

「テキトー母さん」やってみよ。

 

 

www.mokerin.com