モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

自分の発信が誰かの助けになるかもしれない話

f:id:mokerin:20200924110106p:plain


 

 

鈴木祐さんの『科学的な適職』の中で、

「もっとも満足度の高い仕事TOP5」

というものがありました。

こちらの記事でも読めます👇

toyokeizai.net

 

TOP5

「もっとも満足度の高い仕事TOP5」はコチラ👇

①聖職者

理学療法士

③消防員

④教育関係者

⑤画家・彫刻家

 

アメリカのデータなので、日本とは違う部分もあると、本にも書かれています。

個人的に①と⑤の方は、見かけたことすらないんだけど、日本にもいらっしゃいますよね?

f:id:mokerin:20200924092355p:plain

この職業って、アメリカでは一般的なんだろうか?

 

他人の人生を守る

上記5つの職業に共通しているのは、

「他人への貢献がわかりやすい」

だそうです。

 

本には

「満足度が高い仕事とは、他人を気づかい、他人に新たな知見を伝え、他人の人生を守る要素を持っている」

『科学的な適職』より引用

と、書かれているんですけど・・

最後の「他人の人生を守る要素」って、かなり重い言葉ではなかろうか????

f:id:mokerin:20200924104343p:plain

持ちあげられてる君はスゴイよ。

 

「他人の人生を守る」って、重大な任務じゃないですか??

満足度うんぬんよりも、その重さにビックリしてしまいました。

 

でもよくよく考えてみれば、どんな仕事でも、誰かの人生を守ってるんですよね。

そう考えると、働いている人ってそれだけでスゴイ!

f:id:mokerin:20200924094839p:plain

いつもありがとう!!

 

 

www.mokerin.com

 

人のためになること

他者に親切にすると、人間が持つ3つの欲求が満たされるそうです。

 

①自尊心:他人の役に立ったことにより、「自分は有能な人間なのだ」との感覚が生まれる

②親密感:親切のおかげで他人と近くなった気分になり、孤独感から逃れやすくなる

③自律性:「他人のためになった」という感覚が、「誰から指示されたわけではなく、自分で自分の幸せを選択できた」との気持ちにつながる

 

そして人に親切にすることで、自分の幸福度がアップすることを

「ヘルパーズハイ」

と呼ぶそうな。

ドラッグなどに頼らなくても、社会への貢献だけで十分ハイになれる、ということのようです。

f:id:mokerin:20200924100021p:plain

こういう人も満足度高いんかな?

 

www.mokerin.com

 

SNSもヘルパーズハイ??

私は本を読んで、SNSも「ヘルパーズハイ」なのでは?と感じました。

 

自分が持っている情報を発信する。

その情報を知って「助かった!」と思う人が居る。

誰かの助けになった!嬉しい!!

 

こんな風に、自分の発信が誰かの助けになったら、「ヘルパーズハイ」なるんじゃないかなと思ったわけです。

 

インフルエンサーと呼ばれる人たちは、自分の発信で人助けをしている(ごく一部の人を助けているイメージではあるものの・・)。

なので「ヘルパーズハイ」を感じやすいのかな?と思ってみたり。

f:id:mokerin:20200924102010p:plain

インフルエンサーの影響力は、時に怖い。

 

 

www.mokerin.com

 

どんどん発信していこう!

インフルエンサーとまではいかなくても、自分の発信が誰かの助けになったら嬉しいですよね。

 

「みんなが知っていることだろう」

「みんなが分かっていることだろう」

そう考えて、発信をやめる人も多いはず。

f:id:mokerin:20200924103837p:plain

It's me!

 

けれど自分の当たり前は、誰かの当たり前じゃない。

だからどんどん発信していくほうがいい。

と、思った次第です。

 

何がどう人と繋がるかは、発信してみないと分かりませんからね。

思うままに発信してみようと思います。

 

 

www.mokerin.com