モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

お金を稼ぐために必要なのは「自分を知る」こと

f:id:mokerin:20200929114152p:plain

 

「お金を稼ぐ方法、基本は全部”同じ”」

だと、かりそめさんの『お金に困らない人が書いた本』に書かれていました。

 

 

人を集めて商品・サービスを売る

どんなビジネスでも

「人集めて「商品・サービス」を売るだけ。」

 なんだそうです。

 

本の中でなるほど!と思ったのがコチラ👇

ネットで今最も勢いがあって利益率が高いソシャゲもキャバクラの課金システムと同じだし、人気を集めているドラマ漫画映画コンテンツもウルトラマン仮面ライダーのように同じ内容をキャラクターを変えてやっている「焼き回しビジネス」だったりする。

個人の情報販売で人気のnoteだって、大体が他の人のnoteのパクりものが多く、根本は安く仕入れて高く売るメルカリ転売と一緒。

『お金に困らない人が書いた本』より引用

 

ゼロから何かを生み出さないと、ビジネスにはならない!

そう思ってましたが、どうも違ったようです。

 

「焼き回しビジネス」であっても、それが人を楽しませることが出来るものであるなら、それでいいんですよね。

とはいえ、完全にパクってしまうのはNG。

そのさじ加減が難しいですな。

f:id:mokerin:20200929111647p:plain

パクリ?インスパイア?オマージュ???


 

www.mokerin.com

 

 

ビジネスにはシンプルな方法しかない。

 

パクリはよくない、けれど「焼き回しビジネス」はOK。

この辺の加減が、素人には分かりにくい。

 

でもビジネスで、一番大事なのは

「人を喜ばせるために、自分が出来ることを知る」

ということだけは分かりました。

 

成功しているビジネスをマネして、自分も成功したいと思う。

けれど成功しているものが、自分に合うとは限りません。

「万人共通の稼げる方法」

なんてものは無いんですもんね。

あると思ってたんですけど、全くありませんでした。

 

必要なのは、

「世に出回っている稼げる方法を知る」

ではなく、

「人を楽しませたり、喜ばせたりできるもの」

それを知ること。

 

個人でビジネスをしている人は、自分が何をすることで人を集められるのか?

他人に興味を持たれるのか?

楽しませたり、喜ばせたりできるのか?

そこを考えていくことが最も近道だったりします。

『お金に困らない人が書いた本』より引用

 

「お金を稼ぐ方法=自分を知ること」

ですね。

 

自分の強みを知る。

自分の弱みも知る。

どっちの部分も、ビジネスでどう活かすのか、必死に考える。

もうこれしかないよね、と感じてます。

 

自分を知る時間をもっと増やそう。

 

www.mokerin.com