モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

自分の役割にキャラクターを設定してみた

f:id:mokerin:20201009165725p:plain

 

「役割にキャラクターを設定する」

 

なかむら真朱さんの『ごきげんゆるノートBOOK』に書かれていて、

「面白そう!!」

と思って実際にやってみたら、本当に面白かったのでご紹介。

 

キャラクターを設定って何?

まず、キャラクターの設定ですが、

  • 母親の自分
  • 妻の自分
  • 仕事中の自分
  • 趣味の自分

などなど、自分の役割を細分化。

細分化された一人ひとりに対して、キャラクターをつけてみるんです。

 

なかむらさんは、

家事をする自分を「リス」

子どものお世話をするのが「ウサギ」

など、動物のキャラクターにして設定されていました。

 

こうすることで、

「家事をさぼっているのは「私」ではなく「リス」なんだ」

と思うことができて、自分を責めずにすむんだそうです。

 

実際にやってみた

実際に私もやってみました。

 

仕事をする人→モケリン

子どもたちのお母さん→母ちゃん

趣味の時間→本名の自分

モヤモヤを担当する→モヤ夫

(最後だけ何故か男性(笑))

 

そして、キャラクターを設定したあと。

今の悩みなども一緒に、紙に書き出してみました。

「この悩みは誰の担当なのか?」

と、客観的に考えてみたんです。

 

こうすることで、

「この悩みは「母ちゃん」の悩みだな」

「これは「モケリン」の担当だな」

と思えて、肩の力が抜けたんです。

f:id:mokerin:20201009162406p:plain

これは魂が抜けてますけどね。

 

客観視できて気づいたこと

大きな悩みや問題を、自分ひとりが背負っていると思っていました。

けれど、キャラクターにして客観的に見てみたら・・

 

私の悩みって、大した悩みじゃなかった!

f:id:mokerin:20201009162843p:plain

今頃になって気づいたのかい?


キャラクターを設定することで、悩みも細分化できたようです。

自分が抱えていると思っているものは、塊としてみたら大きくなる。

けれど、その塊を小さくしていけば、大した問題じゃなかったんだと知ることが出来る。

 

これは新たな発見でした!

 

キャラクターを設定すること自体が楽しいので、この方法はオススメです!

自分の作ったキャラクターになりきって、演じてみるのも面白いのでぜひ!

f:id:mokerin:20201009164256p:plain

ハリウッド女優になりきって掃除するわよ!