モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

ストレスを溜めないためにも「生産性のない時間」は重要でした。

f:id:mokerin:20201016112435p:plain



先日コチラの記事を発見👇

togetter.com

 

コロナの影響で在宅勤務になった、在宅勤務子ちゃんのお話です。

 

当初は、

  • 出社しなくても良い
  • 外見に気を遣わなくても良い
  • 自分の好きなように時間が使える

など、在宅の良さを堪能する、在宅勤務子ちゃん。

 

しかし在宅を続けていくうちに、在宅の辛さも実感するようになります。

  • 一人は気楽だけれど、誰かと直に話がしたい。
  • 外出だって自由にしたい。
  • 家にいるばかりでストレスもたまる。(仕事とプライベートのメリハリがなくなってる)

 

あぁ・・分かるわ・・。

と、思わずため息。

f:id:mokerin:20201009162406p:plain

ため息が出すぎて魂を持っていかれている人の図。

 

在宅勤務がストレスな人もいる

私自身、自分の意思で在宅勤務を初めて2年が経ちます。

在宅になる前は、

「在宅なら自由に過ごせるはず!」

と、強い憧れもありました。

f:id:mokerin:20201016093905p:plain

家の外の人数めっちゃ多くない?

 

しかし実際に在宅勤務になってみたら、割と寂しいことに気づきました。

誰もいないから気楽。

でも誰もいないから孤独。

この2つのはざまで、日々揺れてます。

 

内向型で家にいることが好きな私ですら、孤独を感じるときがある。

ということは、外向型(世界の75%)の人たちは、さらに強いストレスを感じているんだろうな・・。

 

コチラにも書いています👇 

www.mokerin.com

 

経験して気づいた「生産性のない時間」の大事さ

在宅勤務をしていて気づいたのは、孤独の強さだけではなく

「生産性のない時間の確保」

が、とても大事なものだったこと。

 

在宅勤務は、仕事をしようと思えば何時間でも出来てしまう、そういう恐ろしさがあります。

私自身、24時間勤務みたいなことになった過去がありました。

 

生産性のない行動は無意味。

「何かしら生み出さない時間はゼロにしよう!」

と思うようになり、自分をブラック企業にしてしまいました。

 

www.mokerin.com

 

これが思いのほかしんどかった・・。

 

なので今では、

「生産性のない時間バンザイ!」

と思って過ごしています。

 

ぼーっとしたり、ボーっとしたり、ぼーーッとしたり。(全部同じ)

f:id:mokerin:20201015095442p:plain

 

「この時間は今後の自分にとって、全く役に立たないだろう!」

と思う時間を、意識的に取っています。

 

在宅勤務って、家から出ないので、ずっと同じ場所に留まるから変化がない。

メリハリがないと単調になるし、しんどさもアップします。

毎日がしんどいと感じる方にも、「生産性のない時間」はオススメです!

 

 

www.mokerin.com