モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

介護も育児も6割の力でOK!

f:id:mokerin:20201020101856p:plain

 

樺沢紫苑さんの『ストレスフリー超大全』の中に、

「介護は6割の力でやればいい」

と書かれていました。

 

これを受けて、

「介護も育児も同じかもしれない。

100%の力でやる必要はないんだ」

と気づきました。

 

介護者にはケアが必要

本の中に、

「被介護者だけでなく、介護者にもケアが必要」

と書かれていました。

 

これは介護も育児も同じ。

お世話をする人のケアは、必要不可欠ですよね。

 

介護なら、デイサービスなどを利用する。

育児なら、一時保育などを利用する。

f:id:mokerin:20201003125204p:plain

俺を預けてどこへ行くつもりだ!

 

・・・とはいえ、どちらも今すぐに利用できる人と、利用が難しい人が居るのが現実。

 

うちは娘が障害児なんですが、一時保育は断られまくったので、利用したことがありません。

歩行が出来ない、自力でご飯が食べられない、そんな子どもは預かれません!と言われました。

 

この結果、娘と離れる時間はゼロ。

常に一緒なので、私がノイローゼ気味でした。

f:id:mokerin:20201004130754p:plain

マジでしんどかった。てへ。

このノイローゼ気味だった頃を思い返すと、

「娘のお世話は、100%の力でやらなくちゃ!」

と、一人で必死になっていたんだろうな、と思います。

 

あの辛かった当時に、

「お世話するなら6割の力で良いんだよ」

と知ることが出来ていたら、少しは肩の力が抜けたかもしれません。

 

100%って無理がある

そもそも100%の力で、子育てや介護に挑むのは無理がありますよね。

相手の要求に100%応えるって無理だもの。

 

相手の望んでいることと、こちらが出来ることには差があるんですよね。

何でも要求には応えてあげたい。

だからといって何でも手助けしていたら、相手の出来るようになるかもしれない未来を奪うことにもなる。

f:id:mokerin:20201003085932p:plain

手ぇ出すならしまいまでやれ!

 

ここのさじ加減も難しくて、毎日模索しています・・。

 

この辺りのさじ加減も、

「6割出来たらOK」

と考えるようにしたら、ラクになるかも!

ちょっと試してみます。

f:id:mokerin:20201003090706p:plain

試してみてダメだったらゴメン。てへ。

 

6割でOKだと考えてみよう。

手を抜いて。

肩の力も抜いて。

気を張らず。

頑張らない。

 

真面目な人ほど、6割でちょうどいい。

むしろもっと減らしても良いぐらい。

 

頑張る皆さん、毎日お疲れさまです。

f:id:mokerin:20201003124934p:plain

もっと自分を褒めるんだ!イエーイ!

 

 

www.mokerin.com