モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

口うるささがもたらした結果。

f:id:mokerin:20201024101817p:plain

 

ゲームにもメリットがある。

これは、加藤紀子さんの『子育てベスト100』に書かれていました。

 

ゲームの効果

ゲームばかりする息子に戸惑い、どう接したものかと悩んでいた私。

しかしゲームをすることで、鍛えられる部分もあると本には書かれていました。

 

例えば、アクションゲームをすることで、

  • 集中力
  • 計画性
  • 批判的思考力
  • 反射神経
  • 立体の認知能力

などを、強化する効果があるのだとか。

 

「ゲームをやりなさい」と言ってみる?

確かにゲームをしている時の集中力は、他とは比べ物になりません。

けれどそれが、心配の種でもあるんですよね。

のめりこみすぎて、依存してしまうのではないか?と不安になったり・・。

 

そんな母としての不安に対して、『子育てベスト100』では

あえて「ゲームをやりなさい」と言ってみる

のも、一つの方法だと書かれていました。

 

子どもが約束を守らず、ゲームをやめないような時。

ゲームを禁止すると、かえってゲームに対して興味が高まり、逆の行動に走りたくなるもの(「カリギュラ効果」と呼ばれるそうです)。

ゲームを禁止されるよりも、ゲームを毎日強制されたり、やり方にいちいち口出しをされるほうが、かえって興味をなくしてしまうこともあるのです。

と書かれていて、思い当たったのが夫のことでした。

 

口うるさくした結果

子どもを出産した後、何かとてんやわんやで、余裕のなかった私。

夫に対する要求もどんどん増えていき、いつもイライラ爆発寸前でした。

f:id:mokerin:20201024101144p:plain

いつでも戦闘態勢です。

 

例えば皿洗い。

夫は元々、言われなくても皿を洗う人だったのですが、私はそれに対して一つ一つケチをつけていました。

 

「汚れた食器はすぐに洗って!」

「油ものと一緒に洗わないで!」

「洗剤を使いすぎ!」

「泡が床に飛んでる!滑って転ぶじゃん!」

「この皿、汚れが落ちてないよ!」

などなど・・。

 

こうして口うるさくしていたら、いつの間にか夫は何もしない人になりました。

そしてある日、

「何をしても文句を言われるので、何もしたくない」

と言われました。

f:id:mokerin:20201024101235p:plain

起き上がることもしたくありません。

 

・・えぇ・・全く仰る通りですよね。

私が逆の立場だったら、めちゃくちゃイヤだと思うことを、夫にしていましたもの。

 

この時のことは深く反省しました。

今では、夫のすることに口を出しません。

むしろ放置しすぎていて、先日、

「俺にもうちょっと興味を持ってほしい」

と言われました。

f:id:mokerin:20201009103250p:plain

興味を抱いてもらわないと消えそうなんですが・・

 

極端な性格ゆえに、ほどよい距離感が保てない私に敗因あり。

 

実際にやってみた

夫との教訓(?)を活かして、ゲームをなかなか止められない息子に口うるさくしてみました。

 

「ここからジャンプするんだよ!」

Bダッシュでジャンプして止まって!!」

などと、マリオの動きにケチをつけていたら、

「もういい!止める!!」

と怒っていました。

 

口うるささは、何かを止めさせる効果があるんだと実感。

 

でもこれ・・親子関係には悪影響かもしれないとも思います。

母ちゃんは、やりすぎたかもしれない。すまん。

f:id:mokerin:20201024100247p:plain

許せぬ思いがあふれる息子。

 

まだまだ息子とゲームとの攻防戦は続くようです。

でも今回のことを踏まえて、あんまり極端に動かずにいようと思います。

 

それにしても・・子育てって本当に難しい!!

 

www.mokerin.com