モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

自分の最善策を知るために

f:id:mokerin:20201026103949p:plain

 

「思考のサボり癖のせいで貧乏に陥る「教えて君」」

 

これは勝間和代さんの『勝間式超スローライフにあった言葉です。

 

誰かに聞いたほうが早いけれど・・

分からないことがあったら、自分で調べるよりも誰かに聞いてしまう。

これは、考えることをサボっている状態。

 

誰かの意見に乗っかっていればラクチン♪

だって考えるのは疲れるもの。

考えて、試行錯誤するなんて面倒くさい!

答えだけをパッと教えてもらえたら、それが一番簡単さ♪

f:id:mokerin:20201021093800p:plain

答えだけくださいな。

 

しかし。

自分にとっての最善の道は、誰かに聞いて分かるものばかりではありません。

 

自分にとっての最善策はどこにあるか考える

例えば、『勝間式超スローライフの中では、音声入力が効率よく仕事が出来てオススメだと書かれています。

そんな音声入力に対して、勝間さんは自分にとって一番良い方法を、いつも考えておられるそうです。

 

「音声入力が効率がいいなら、勝間さんのマネしてみよう♪」

と思うのはOK。

 

でも、勝間さんの方法が自分には合わなかった場合は? 

「自分にはこの方法は合いませんでした。他に何かありませんか?」

と、勝間さんに問い合わせる?

それとも、

「他の方法を自分で調べて試してみよう」

と考えて動くのか。

 

自分が知らないジャンルだと、その筋に詳しい人に話を聞いたほうが、答えは簡単に手に入ります。

しかしすぐに手に入るものは、すぐに使えなくなったりもします。

ここは難しいところですね。

一人の時間を増やす

自分にとっての最善策を見つけるには、どうしたらいいのか?

やはり「自分の頭で考え続ける」ことが、最善策のようです。

 

本には、

考え続けるために大事なことの一つに「自分一人でいる時間をなるべく長くする。少なくとも1日に2時間以上は自分一人でゆっくりと考えられる時間を持つ」ということがあります。

『勝間式超スローライフより引用

と書かれていました。

 

自分にとっての最善策を知りたければ、自分を知るしかない。

自分を知るためには、自分と対話する時間が必要。

そのために一人の時間を確保する!

これが「考える力」を養うために重要なんですね。

f:id:mokerin:20201026102447p:plain

本当の自分の姿にビックリすることもありますね。

「一人=不安」?

しかしこの「一人で考える時間」をもうけると、不安感が強まることもあるとも書かれていました。

人間は本来心配性なので、一人でいる時間が長くなると「自分の将来は大丈夫か」と言ってことを考え始めます。それが決して心地よい時間ではないので、避けたくなる人も多いと思いますが、実はこの時間が大切なのです。

『勝間式超スローライフより引用

 

一人になると不安になる。

だからそういう時間を作らないという人もいるはず。

以前の私は、常に誰かと一緒にいることを選ぶ人でした。

f:id:mokerin:20201009103250p:plain

こう見えて寂しがりやなんです。

 

しかし現在は、ノートや手帳などに自分の気持ちを吐き出しています。

 

すぐに不安になりやすい性格ですが、ノートに思いをぶちまけるようになってから、

「今後どうしていけばいいのか」

を考えることが、少しは出来るようにはなりました。

f:id:mokerin:20201026102858p:plain

本当に出来るようになったと思っているのかい?

 

とはいえ、まだまだ不安にはなるんですけどね。

不安とは縁が切れるわけじゃない。

だから毎日、試行錯誤しながら、不安と付き合っていく。

そのためにも本を読んだり、ノートに気持ちを吐き出したりして、自分のことを自分で解決できるようにと考えています。

 

www.mokerin.com

 

 

www.mokerin.com

 

貧乏に陥る「教えて君」にならないように、今日も元気に内省に励みたいと思います!

頑張るぞ!

f:id:mokerin:20201009104117p:plain

意気込んでみたものの、早々に電池切れするパターンじゃないだろうね?