モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

人を救うなんて簡単に出来ないことだから、やめました。

f:id:mokerin:20201028111432p:plain

 

この記事を読みました👇

ten-navi.com

 

この記事を書いているのは、深爪さんという方です。

Twitterはコチラ👇

深爪 (@fukazume_taro) | Twitter

 

深爪さんは「死んだ気になれば何でもできる」とか「死ぬよりはマシ」という考え方が嫌いだと、以前からTwitterで発信されていました。

 

深爪さん自身は、

「いつでも死ねる」という逃げ道があるから、気持ちが楽になる。

という考え方をされています。

 

私自身も、深爪さんと同じように考えるほうがラクだと思っています。

生きるほうが、死ぬことよりも正しいんだと考えるのは、100%死んでしまう生き物に対して何とも言えない気持になるんです。

 

死ぬことよりも、どう生きるかが重要なんでしょう。

でも

「どう生きるか、よりよく生きるためには」

みたいに、高尚なことばかり考えて生きるのって疲れません???

私はめっちゃしんどいです。

 

そして深爪さんの記事を読んで強く思うのが、

「落ち込んでいる人に対して、かけても大丈夫な言葉って無いかも」

ということ。

 

自分にとって救われると思う言葉も、誰かにとっては地雷かもしれない。

かければかけるほどに、落ち込ませてしまう言葉もたくさんあるはず。

 

私は自分が救われた言葉を、ブログ記事にすることが多いです。

たまにモヤモヤする言葉も記事にしますけど。

 

「私のブログを読んで一人でもいいから、気持ちが楽になってくれたらいいな」

という思いが、最初はありました。

でも今は、そういった思いがきれいさっぱり消えました。

 

誰かを救うなんてことは、そう簡単に出来るものじゃないですね。

出来るかな?と思っていた自分を反省。

 

深爪さんも書かれているように、

基本的に悩みは自分で解決するものだと思っている。

これが真実ですね。

 

やっぱりブログは、自分の好きなことを書くのが一番ですね。

これからも改まらずに、ゴーイングマイウェイで行きます!

 

 

www.mokerin.com