モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

読書はすればいいってものでもないようで。

f:id:mokerin:20201102103621p:plain

 

我が子たちのために!と読み始めた『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』

 

読書を習慣にすることが、低学年の子どもにとって大事だと、本には書かれています。

 

親の自分が教えられる

私自身、読書をする習慣があるので、読書の大切さは理解しているつもりでした。

なので、子どもたちにも読書の習慣を!!と意気込んだものの、本を読み進めるうちに気になる部分を発見。

 

読み慣れるとか、読むスピードをつけるとか、読書の楽しさを味わうといった点では、たくさんの本を読む多読は効果的です。

しかし、国語力をつけるとか、思考力をつけるとか、高度な語彙力をつけるという点では、くり返し読む精読が大切です。

小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」より引用

 

と書かれていたんです。

 

常に新しい本を読んで、新しい知識を仕入れるほうが良いんだと思っていました。

そして、本を読むことで思考力も語彙力も、勝手に身につくと思っていました。

でもどちらも間違っていたようです。

 

私自身、色んな本をたくさん読む「多読」をしています。

思考力や語彙力には自信なし。

本を読んで深く考えることもあんまりありません。

同じ本を何度も読む「精読」をしたことがないので、その辺は鍛えられていないようです。

通りで、いくら本を読んでもアホなままなんだな。

f:id:mokerin:20201009104117p:plain

アホなのは、読書と何の関係もないだろう?

 

大事なのはバランス

いろいろな本をたくさん読むことも大事だと、小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」には書かれています。

 

多読は、色々な本に触れることで、様々な知識を増やすことが出来るので大事。

精読は、思考力、語彙力を鍛えるし、深く理解することが出来るので大事。

 

どちらも良い部分がある。

だから、多読と精読の組み合わせが大事なんだそうです。

 

でも何だかんだいって、子どもにとって一番大事なのは「楽しんで本を読む」ってことですよね。

楽しくないことは、見事なほどにやりませんからね。

大人も興味ないことはやりたくないけどさ。

f:id:mokerin:20201102101947p:plain

楽しいことなら危険なことでもやりますので、ご注意ください。

 

力を抜いて遠目で読む。

それにしてもこういった「子どものための本」って、読むと勉強にはなるんだけど・・親は疲れますね。

「あれもこれもさせなくちゃ!」

という気持ちになるから、結構しんどい。

f:id:mokerin:20201021093544p:plain

子育てってMAJIDE大変なんだYO。

 

私はすぐに肩に力が入るし、影響を受けやすい。

めちゃくちゃ厳しい教育ママに変身しやすいので、余計に疲れます。

 

こういう本は、参考程度に読むのが一番ですね。

肩の力はガッツリ抜いて、遠くから見つめるつもりで本を読む。

それぐらいでちょうどいいのかも。

f:id:mokerin:20201102100306p:plain

母はテキトーに生きるからね、4649。

 

テキトー万歳\(^o^)/

 

www.mokerin.com