モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

嫌われないようにふるまって得られるもの

f:id:mokerin:20201107092114p:plain

 

「嫌われたくない」は人を退屈にさせる

 

これは、夏生さえりさんの『今日は、自分を甘やかす』に書かれていたものです。

 

嫌われないことで得られるもの

本には

嫌われないようにふるまって得られるのは唯一「不快にさせなかった」という達成感だけで、嫌われないようにふるまって「好かれるようなこと」はあまりない。

とありました。

 

嫌われないように頑張っても、得られるのは

「不快にさせなかった」

という自己満足だけなんですってよ、奥さん!(誰)

f:id:mokerin:20201021093544p:plain

奥さんですけど何か?

 

「不快にさせなかった」

というのは、こちらが勝手に思っていることであって、相手が本当はどう思っているのかは分かりません。

 

本当は相手が怒っているのかもしれない。

けれど、自分では

「不快にさせなかった」

と思って達成感を得ていたとしたら・・。

 

こんなアホな話もないですよね。

 

今まで人に嫌われないようにと、必死だった私。

でもこの文章を読んで、今まで頑張ってきたことが、アホらしくなりました。

f:id:mokerin:20201009162843p:plain

君がアホなことは知っていたよ。

 

自分勝手な幻想

「人に嫌われないようにしたい」

という考え自体、自分勝手なもの。

 

取り繕っていい顔をしても、相手を退屈させるだけでもあるなら、嫌われないように行動する意味ってあるのだろうか?

f:id:mokerin:20201009104117p:plain

あるわけないだろう。

 

嫌われない努力って、疲れるだけで意味がないですね。

取り繕っても疲れるだけだし、自然体でいるのが一番ですな。

最低限のマナーは守るとしても、嫌われないようにとふるまうのはやめます。

 

と、以前にも同じようなことをブログに書いていました👇

 

www.mokerin.com

 

 

www.mokerin.com

 

 

www.mokerin.com

 

 

何度も同じようなことを書いていないで、成長しようね、私。

 

f:id:mokerin:20201009162843p:plain

君は成長する気がないんだと思うよ。