モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

在宅勤務はもっと自由に『在宅HACKS!』の感想。

f:id:mokerin:20201110103901p:plain


 

 

在宅勤務のかたには需要がありそうな、小山龍介さんの『在宅HACKS!』を読んでみました。👇

 

 

もっと自由に動いても良い

ずっと同じ場所で働くと、集中力は下がってしまうもの。

なので、家で仕事をしたり、図書館やカフェに移動して仕事をしてみる。

 

「在宅勤務=仕事をする場所を選ばない」

ということでもあるので、県外に出て仕事をしたっていい。

本には、旅をしながら働くことも紹介されていました。

(ワーケーションと言うらしいです)

f:id:mokerin:20201110095829p:plain

私は「わけぎ」ですけどね。

 

勝間和代さんも仕事の合間に家事をしたり、オンラインジムで運動したりもされています。

 

在宅勤務って、もっと自由に時間を使っても良いのかも。

そんな印象を受けました。

 

『勝間式超スローライフの話はコチラにも書いています👇

 

www.mokerin.com

 

時間割を作ってみる

『在宅HACKS!』では、自分で時間割を作ってみる方法も紹介されています。

時間割を作ることで、

  • 集中力の低下を避ける
  • 一つのタスクに集中する

という目的が達成されやすくなるんだとか。

 

国語(書類作成)

算数(エクセル作成)

面談(ミーティング)

体育(散歩)

 

などの科目を、日替わりで変えてみる。

 

個人的には、

生物(犬を触る時間)

を入れたいですね、一日に10時間ぐらい。

(もはや仕事してない)

 

あと、家庭科の授業も必要かも。

別名を「おかしタイム」と言うんですけど。

f:id:mokerin:20201004131539p:plain

そんなことしてたら太るで。

 

自由にすることの罪悪感を捨てる

在宅勤務で一番大事なのは、

「時間を自由に使うことへの罪悪感を捨てる」

ことだと思います。

 

座って仕事をしている時間以外を、仕事と認められない自分をまずは捨てる。

心身の健康が一番大事と言われても、散歩に行って体を動かすことは仕事のうちと思えなかったり、合間に家事をしてしまう自分を責めてしまったり・・。

そんな自分の考えを捨てないと、どんどんしんどくなります。

 

在宅は、上司やお局の監視がないはず。

なのに自分が上司やお局になって、監視して動きを制限していたら、それはとってもしんどいですからね、絶対にやめたほうがいい。

 

www.mokerin.com

 

在宅勤務は、臨機応変に動く力が試される場所。

この状況をもっと楽しめる人間になりたいので、犬とたわむれながら試行錯誤していきます。

f:id:mokerin:20201025094609p:plain

やったるで~!!