モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

「聞く耳、保管する脳、考える口」がない

f:id:mokerin:20201113070843p:plain



「質問されたことに聞く耳を持たず、

適切な言葉を保管した脳がなく、

頭で冷やし心で温めた言葉を発する口がありません。」

 

これは、ひきたよしあきさんの『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』に書かれていました。

 

まるで自分のことかと思った。

冒頭の言葉は、現在の大学生と接して、ひきたさんが感じたことなのですが・・

まるで私のことを言われているかのように、グサッと胸にささりました。

 

『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』の帯には、

「結局、何が言いたいの?」と言われる僕を助けてください!

の文字があります。

 

私も自分に対して、

「結局、私は何が言いたいの?」

と思うことが多々あります。

 

聞く耳

言葉を保管した脳

頭で冷やし、心で温めた言葉

考えて発する口

そんなものがどこを探しても、自分の中に見つからないんですよね。

f:id:mokerin:20201025094609p:plain

探し物が見つかりません。

 

「やばい」

そして気になったのは「やばい」という表現。

 

本には、

脳はとても怠け者です。いつも「ラクしたい」と考えています。

だから「やばい」という言葉が、「おいしい」「かっこいい」「危険だ」なんて意味にも使えるとなったら大喜び。「やばい!」という言葉がいつでも口から飛び出す脳になってしまうのです。

と書かれていました。

 

めっちゃ使ってるよ・・「やばい」って言葉・・。

f:id:mokerin:20201009162843p:plain

それは「やばい」から止めたほうが良いよ。

 

短い文章のほうが良いと思って。

簡単な表現で伝わるなら、そのほうが良いと思っていました。

長々と話すと聞くほうも疲れるから、短い文章にしようと思っていました。

しかし問題は、長文か短文かではありませんでした。

 

話が長いから人に聞いてもらえない、言いたいことが伝わらないんじゃない。

伝えようとしていることが曖昧だから、伝わらないだけ。

f:id:mokerin:20201009103250p:plain

私は存在が曖昧で消えそうです。

 

話が長くなる人って、何をどう話そうとか考えていない(私のことです)。

考えていないから伝わらないのに、そこに気づくことがない。

何故なら、

「質問されたことに聞く耳を持たず、

適切な言葉を保管した脳がなく、

頭で冷やし心で温めた言葉を発する口がありません。」

まさにこれですね。

反省。

f:id:mokerin:20201004130754p:plain

私って本当にしょうがないな。テヘ。 

 

伝えたいことはシンプルに。

「思いつき」

「まとめ」

「伝える」

この3つができるようになりたいので、本に書かれている25の方法を試してみようと思います。

 

でも結局のところ、文章を書くときも、誰かに伝えたいことがあるときも、コチラの記事👇に書いたことが、全てのような気もしています。

 

www.mokerin.com

 

深く考えすぎにシンプルにするのが、一番だったりしますな。