モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

フォロワーが求める安心感

f:id:mokerin:20201201110212p:plain

 

「フォロワーが求めているのはマンネリ」

 

これは、やまもとりゅうけんさんの『人生逃げ切り戦略』に書かれていたものです。

 

期待された安心感

フォロワーは意外性など求めていません。期待通りの行動をしてくれたときに反応するのです。

『人生逃げ切り戦略』より引用

 

例えば、

「夫のことが大嫌い!」

と発信している人がいたとします。

 

この人が、いきなり

「夫が大好き!アイラブ旦那♡」

に変わってしまったら、フォロワーさんたちはビックリですよね。

f:id:mokerin:20201122093345p:plain

どうすた?とうとうおかしくなったか?って思っちまうよな。

 

なので、フォローしてくれた人が、自分に何の発信を期待しているのかを知ること。

そして期待されている発信を続けることが大事だと、本には書かれていました。

 

SNSをビジネスに考えている人にとっては、ポジショントークというものが大事なんでしょうね。

けれど、ビジネス関係ないひとにしてみたら、自分のキャラを通すってのは面倒だと感じます。

思考は変わるし、そうなったらキャラも変わってくるかもしれないし。

 

 

www.mokerin.com

 

 

キャラクターは統一してほしい気持ちはあります。

とはいえ、SNSをビジネスで使う方には、キャラクターは統一してもらえると、ビックリしなくて済むのでありがたいとは思います。

 

どういうことかと言いますと・・。

 

著者を全く知らずに読み始めた本があったんです。

本の内容も良かったので、著者のSNSを検索してみました。

 

ところが、その人のTwitterが「別人!?」と思うぐらいに、めっちゃ口が悪かったんですよ!!

毒舌というよりも、汚い言葉のオンパレードって感じで、見ていて不快になる感じ。

 

Twitterの印象が酷くて、読んだ本の内容も忘れちゃいました。

ついでに言っちゃうと、それが誰だったかも忘れちゃったんですけどね。

f:id:mokerin:20201009162843p:plain

それは君の記憶力が悪いだけの話だよね。

 

でも、こうして著者に幻滅してしまうのは、読み手であるコチラの勝手な解釈なんですよね。

 

その著者にしても、自分の思ったように発信しているだけ。

それを私が勝手に不愉快になっただけであって、別に責められるようなことをしているわけじゃない。

 

受け取る側の気持ち一つで、相手を嫌いにもなるし、好きにもなる。

だから汚い言葉を使う人がいても、

「そういう人もいるんだな」

と思って、スルーしていくしかないだとも理解しています。

 

ただね、キャラクターの使い分けはビックリするから止めて欲しいな~というのが正直な感想です。

 

 

www.mokerin.com