モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

他人への嫉妬と自分への距離感

f:id:mokerin:20201208101506p:plain

 

竹内絢香さんの『がんばらなくても死なない』を読んでいたら、

「他人への嫉妬」

の話が出てきました。

 

竹内さんが嫉妬を抱いていたのは、同業者である漫画家さん。

フォロワーが何万人もいたり、いいねが10万もついていたり・・。

SNSに流れてくる、バズっている人たちに嫉妬して辛くなっていたそうです。

 

しかしある日、

「私はこのバズっている作品と全く同じものが描きたいのか?」

と考えて、答えがノーだと気づく竹内さん。

 

自分が描けるのは、自分の作品だけ。

バズっている作品が描けるのは、その作者さんだけ。

 

どれだけ相手を羨んでも、自分がバズっている人になることは出来ないのです。

 

羨む気持ち

私もよく人を羨んでいました。

 

私が羨ましいと思うのは、

  • ブログで稼いでいる人
  • SNSで収益を上げている人
  • フォロワーが多い人
  • 面白い人

などなど。

 

ここで竹内さんと同じように、

「私は自分が羨んでいる人と、全く同じことがしたいのか」

と考えた時に、多分違うとも思うのです。

  

ただ、ブログって、

「文章を書いている」

という点では、みんな同じなんですよ。

 

だから文章が上手い人に対して、憧れたり羨んだりしちゃうんです。

 

www.mokerin.com

 

 

けれど、文章が上手な人と同じ文章が書きたいかと言うと、多分違うんです。

自分が書きたいことは別にありますからね。

けれど、文章が上手い人を無条件で羨ましいと思っちゃうんですよね。

 

どうして羨むのかな?と考えてみたんですが、

「自分や相手への距離感がなくなっているから」

かもしれないと気づきました。

f:id:mokerin:20201003090129p:plain

距離感を無視する頭の大きな老婆。

 

距離感は大事

冷静に考えたら、自分と相手は別の生き物なんです。

けれどこの当たり前が、嫉妬で分からなくなるんです。

 

「相手と自分は別の人間なんだから、比べたって仕方がないじゃん」

という声が聞こえなくて、

「同じ人間なんだから私にも出来る!!」

と思うようになる。

 

いやいやいや、同じ人間ってだけで出来るんだったら、私も吉田沙保里さんになれるって話ですやん。

f:id:mokerin:20201122093345p:plain

ばあちゃんも同じ人間だもん、吉田沙保里になれっかな。

 

とにかく大事なのは、相手が誰であっても客観的に見ること。

特に自分に対しては、距離感がめちゃくちゃ大事!!

f:id:mokerin:20201208100918p:plain

距離感を笑顔で無視しようとする女の子。

 

自分との距離が近いと、自分のことが全く見えないんです。

自分が見えないと、自分にも出来るかもって思ってしまう・・。

 

冷静に考えたら自分に出来ないことはたくさんあるのに、それが見えない。

本気になれば、何でもどうにか出来る気がするんです。

f:id:mokerin:20201122093345p:plain

火事場のクソ力みたいな話か?

 

自分を知らないと、そんな錯覚が起こるから怖い。

 

もっと自分を知ろう。

出来ないこと、出来ること、もっとちゃんと知っておこう。

嫉妬ってムダな時間だから。

 

www.mokerin.com