モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

「フォロワー1000人」に憧れてしまう

f:id:mokerin:20201209100121p:plain

 

同時期に読んでいた本2冊に

「フォロワー1000人」

の文字がどちらにもありまして、ちょっと気になったので記事にしてみました。

 

フォロワー1000人

まず1冊目の「フォロワー1000人」は、

「フォロワーが1000人を超えたら、自分のファンになってくれた人が出来たということ。

なのでnoteで有料記事を書いても、購入してくれる人が現れます。

フォロワーが1000人を超えてから、収益のことを考えましょう」

といった内容でした。

 

そして2冊目の「フォロワー1000人」は、

「1000人を超えるまでは、相手のためのSNSにすること。

自分語りをせずに、誰かにとって役に立つものを発信しましょう」

といった内容でした。

 

ここで気になったのは、フォロワーさんが「ファン」だという点です。 

 

自分のファン

1冊目の著者は、

「自分にはファンがいるので、どんなビジネスでもやっていける自信がある」

といった話を、別の本でされていました。

 

これを受けて、

「自分にはファンがいる」

と、大ぴらに言えるのってスゴイよね、と思ったわけです。

 

「自分のファン」というのが、思い込みだったら悲しくないですか??

f:id:mokerin:20201022101730p:plain

意地悪な発想だわね。

 

以前にも紹介した、カマたくさんは本の中で、

「フォローって「好き!」ではなく「とりあえずキープ」の意味なのよ」

と書かれていて、こっちのほうがしっくりくるんですよ。

 

継続して何年も同じ人をフォローしていたら、それはもうファンなのかもしれません。

でもね、いくらフォロー歴が長くても、相手のビジネスに乗っかるかは別じゃないですか?

 

そんなことを思いながらも、ついつい気になって

「フォロワーを増やす」

SNSで集客」

などの文字に流されるんですけどね、私。

f:id:mokerin:20201009162843p:plain

否定しつつも惹かれるなんて、一番ダメなやつじゃないか。

 

フォロワー1000人、ちょっと目指してみたいかも。

きっと簡単じゃないけれど、継続あるのみ。

 

 

ちなみに、本日紹介した本はコチラの2冊です👇

 

 

興味のある方は読んでみてください。

色んな意味で、参考になることはあると思います。

どちらも、Kindle Unlimited対象作品でした。

 

 

www.mokerin.com