モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

知識を増やせば何かが変わるという幻想

f:id:mokerin:20201214103518p:plain

 

塩谷舞さんのnoteを読んだら、グサっと刺さるものを発見。

 

コチラの記事です👇

note.com

 

このnoteに、

学生の頃は自分の成長が分かりやすかったけれど、大人になったら成長までの距離感が遠くなってしまった。

と、書かれていました。

 

社会人になり、仕事に対する不満が溢れ出る。

何をしても「これじゃない感」がつきまったという塩谷さん。

 

そんな仕事の不満に対して、塩谷さんが対処したのは「ビジネス書たち」でした👇

 

そうした不満で穴だらけの心の中に、若者に向けたビジネス書は麻薬のように効いたのだ。

会社の仕組みをぶっ壊せ、自分には価値がある、時間を無駄にするな、成功するには○○をやめろ、だなんて言葉が力強く並んでいる。

当時、1か月で使える自由なお金は数万円もなかったけれど、雀の涙ほどの所持金をビジネス書やセミナーに注ぎ込み、せっせと自己肯定感を買っていた。

そこでスタンプラリーにハンコをおしていくように知識を増やし、あたかも「経験のある人」みたいな顔をしていると、少しは安心するのだった。塩谷舞さんのnoteより引用

 

知識を増やせばOKだと思っていた

私がこの記事を読んで共感したのが、

「知識さえ増やしていれば、安心できていた自分」

でした。

 

知識を増やせば、問題が解決するわけじゃない。

けれど、知識を仕入れていたら、いくらかの満足感は得られたんです。

f:id:mokerin:20201004131539p:plain

私の中に満腹感はありませんね。

 

ダイエット情報をたくさん仕入れて、痩せるための知識を増やす。

知識を増やしたことで安心して、痩せるための行動は何もしない。

そんな状況とまるで同じなんですけど。

f:id:mokerin:20201004131539p:plain

それは「ダイエットしろ」という私に対する嫌味ですか?

 

いつか本気を出すと思っていた。

知識だけ仕入れておけば、

「いつか自分が本気を出したときに、活用できるだろう」

という気持ちが、ずっとあったんですよ。

 

でもその「本気を出す」ってのは、いつなのか。

今やらないなら、この先もやらないんです。

f:id:mokerin:20201024101144p:plain

「いつか」ではなく「今」仕留めろ!!

 

それなのに、諦めきれないんですよね。

自分に対して、幻想を抱いてしまうことをやめられないと言いますか。

 

もっと○○になれるはず。

もっと○○できるはず。

そんな風に、自分に期待していました。

 

 

www.mokerin.com

 

 

幻想おしまい

もうそんな幻想は捨てようと思います。

知識だけ仕入れても、行動しなかったら何も変わらないんだもの。

 

痩せたいなら動く!

何者かになりたいなら、動く!

f:id:mokerin:20201004131539p:plain

おやおや?またもや「痩せろ」という私に対する嫌味ですかな?

 

動いたところで、失敗する可能性なんていくらでもあります。

けれど、その失敗をネタに出来る。

失敗をネタに出来るのは、強味だと気づきました。

 

知識ばかり増やして、頭でっかちになるのは、おしまいにします。

 

 

www.mokerin.com