モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

人の目を気にすると自分を苦しめる

f:id:mokerin:20201216095127p:plain

 

「誰にも評価されなくても、自分が楽しいと思うことをするから続くし、成功もする」

 

これは、ちきりんさんがvoicyで発信されていたことです👇

 

 

自分が好きで始めたことであっても、誰かの反応を気にしているようでは続かないし、成功だってしない。

そんな話を、ちきりんさんはvoicyでされていました。

 

常に求める誰かの評価

自分のしていることに反応してもらえたら、嬉しかったりしますよね。

でも、反応を気にしていたら、自分のやりたいこととはズレたものにもなります。

 

人がどう思うかを気にする発信をしてしまうと、自分軸がなくなり、人に媚を売るような発信にもなりがち。

ここは私自身もやっていたことなので、非常に耳に痛いことでした。

f:id:mokerin:20201216095858p:plain

自分の悪いところを指摘されたら痛いよな~。

 

そして、

「自分が楽しいと思うことを続ける力」

が、自分にはないと感じました。

 

ブログだって、好きだからスタートさせたはず。

けれどいつの間にか、アクセス数だったり、いいねの数だったり、そういう目に見える反応を求めてしまっていました。

 

こうなると、発信すること自体が楽しくないんですよね。

常に求めてるのが、人の評価だからしんどい。

自分の楽しさよりも、どう思われるかのほうに意識が集中していたんです。

f:id:mokerin:20201026102447p:plain

ギャー!!人の目がいっぱいあるー!! 

 

人の目を気にする8割の人

ちきりんさんのvoicyを聞いて思ったのは、

「本当に好きなことなら、誰にどう思われても良いと思えるのだろうか」

ということでした。

 

「人の評価を気にしないものだから続けられる」

というよりも、

「人の評価を気にしない人だから続けられる」

という気もしたんですよね。

 

藤本シゲユキさんの『幸福のための人間のレベル論』の本にも書かれていたんですが、世の中の8割の人が人の目を気にしているらしいのです。

 

これってつまり、

「人の目を気にしている人だらけ」

ってことにもなりますよね?

 

だから人様の反応が気になるのは、当たり前のことかもしれません。

 

ただ、『幸福のための人間のレベル論』に終始書かれているのが、

「人の目を気にするから生きづらい」

ということ。

 

人の目を気にするから、自分が自由に動けなくなる。

自由に動けなくなるから、生きづらさがある。

生きづらさがあるから、しんどい。

 

人の目だったり、誰かの評価を気にしていても、得られることって何もないんですよね。

ただ自分が辛いだけ。

 

評価を気にするのは、やめよう。

自分が楽しいことを、楽しんでやる力をつけていきたい。

 

www.mokerin.com