モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

お金を使うのは今の自分?それとも老後の自分?

f:id:mokerin:20201231102015p:plain

 

ビル・パーキンス氏の『DIE WITH ZERO』を読んで、老後の資金について考えました。

 

この本は、「ゼロで死ぬ」ことを推奨されています。

 

 

 

働き損

現状で休みなく働いて貯蓄に励んでいるとしたら、それはムダな頑張りではないだろうか?

使い切れないお金を貯めるために、働いているのではないだろうか。

 

お金を残したまま死んでしまったら、それは働いた時間がムダだったということにもなる。

といったことが、本に書かれていました。

 

お金って使うためにあるというより、残しておかないといけないものになっていますよね。

将来に何があるか分からないから、出来るだけ貯めておきたい。

 

未来への不安を減らすためにも、お金は貯めておかなくちゃって思ってました。

 

 

www.mokerin.com

 

 

貯めても不安

でもね、お金を貯めても「安心」って手に入らないな、って思います。

借金ばかり繰り返していたので、貯蓄が出来るようになって「安心」も一緒に手に入ったと思っていました。

 

まったく手に入れていませんでした。

むしろ逆。

「貯蓄をもっと増やさないと!!」

と思ってる。

 

これは自分の中に「安心」というものがないんでしょうね。

何かを手に入れたら「安心できる」という意識を変えないと、本当の安心は手に入らないってことですよね。

難しいんだな、これが。

 

老後の資金

「将来の不安=老後の不安」

と考えて、貯蓄をする人が多いと思います。

 

ただ考えたいのは、未来の自分のためだけに貯蓄をすることは、本当に必要なことなのか?

 

例えば現状で、自分がやりたい!と思うことを我慢して、将来のために貯蓄していたとします。

その頑張って貯めたお金が、将来の自分の治療費になったとします。

 

これって・・とっても悲しくないですか??

 

長生きしたいという人にとっては、それも必要かもしれません。

けれど忘れたくない、今の自分へのお金も大事だということを。

 

 

www.mokerin.com

 

 

極端にならないように

とはいえ、本にも、

「老後のために、ある程度の貯蓄は必要」

だと書かれていました。

 

「貯めるだけもNG」

「使うだけもNG」

ということですよね。

 

現状で言えば、私も含めて多くの人が「貯めるだけ」に集中している気がします。

将来の不安に備えたいですもんね。

 

極端にどっちかになるのではなく、うまいことバランスを取っていきたい。

それが難しいんだけど。

 

 

www.mokerin.com