モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

無理して発信する必要なんてどこにもない。

f:id:mokerin:20210105102415p:plain

 

新年早々、ちきりんさんのvoicyを聞いて、ブログについて考えていました。

 

コチラの音声です👇

 

 

終わりの始まり

この音声の中で、

「ネタを探し始めたら終わりの始まりだ」

と、ちきりんさんは仰っていました。

 

ブログでも音声でも、

「発信したいことを探し始めたら、遅かれ早かれ辞める時が来る」

というものでした。

 

発信は、

「○○のことについて書きたい!!!」

「○○について発信したい!!!」

という、強い思いがあるから続くもの。

 

「今日は何を書こう?」

「何のネタにしよう?」

とか、そういったこと考えてしまうのは、

「発信することはないけれど、発信だけはしたい」

という状態。

 

「発信したいことがないなら、別に発信なんてしなくてもいいじゃない」

と、ちきりんさんは仰っていました。

 

確かにその通り!

 

でもね、「発信したい」って思っちゃうんですよね。

 

○○について書きたい!という、強い思いがある時もあるんです。

 

でもブログを続けていくうちに、

「何について書こうかな・・」

と考えてしまう時があるんです。

 

 

www.mokerin.com

 

 

 

心から伝えたいこと

心から伝えたいと思っていることって、そんなにないのかもしれませんね。

伝えたい!という、強い思いがある人って、ほんの一握りな気がします。

そうじゃなかったら、ブログでも何でも離脱する人が少ないはずですから。

 

私自身はブログをアウトプットの場にしているので、まだ継続はしやすいです。

自分の思いをつらつらと書いているだけですしね。

 

それでも悩むときが結構あるんです。

ブログに何を書くかという悩みもあるし、更新頻度を高くしたいし、できれば有益なことを書きたいとも思う。

 

こうやって期待値を上げていけば、自分が苦しむことになると分かっていても、ついついハードルを上げてしまうクセが抜けない。

ここは直そう。

 

www.mokerin.com

 

続かないなら辞めたっていいんだ。

そして、ちきりんさんも仰っていたように、

「ブログでも音声でも、義務じゃないんだから、続けられないと思うなら辞めたらいい」

と思います。

 

ブログを書けない時って、すごく自分を責めたり追い詰めたりしてしまうんです。

どうして書けないの?

何でも良いからネタを探して書けば良いじゃない!

みたいに思ってしまう。

 

でもそうじゃない。

書けないなら、書かなければいい。

書きたいなら、書けば良い。

 

本当はこれぐらい、シンプルなはず。

 

続けようと必死にならなくても良い。

辞めたいなら辞めたらいいし、続けたいなら続けたらいい。

 

一度始めたからには継続したい!と思ってしまいます。

でもそこまでクソ真面目にとらえる必要って、ないんですよね。

 

ブログはもっと手軽で身軽なものであっていいはず。

自分で自分を追い詰めて、ブログを重く苦しいものにしていないか?

 

今一度、ブログとの関係を見直そうと思います。

 

 

www.mokerin.com