モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

事実と解釈

f:id:mokerin:20210113105647p:plain

 

「事実と解釈」

ここのところ、この2つについてずっと考えています。

 

 

不安とともに生きてきた

私は不安になりやすい人間。

小さい頃から、何かしら不安を抱くことが多くて、とにかく何でも恐れながら生きてきました。

 

例えば階段。

  • 落ちてケガをしたらどうしよう。
  • 階段から手が出てきて、異世界に連れて行かれるかもしれない。
  • 板が腐っていて、足を置いた途端にハマってしまうかもしれない。

 

こんな風に、いろいろな妄想が頭に浮かんでしまい、怖くなって動けなくなるなんてことが多々ありました。

 

そんな中で読んだコチラの本👇

 

この本には、「エニアグラム」という性格分析の手法を元に、性格を9つに分類したものが紹介されています。

 

エニアグラムをやってみた

本をきっかけにして、もっと「エニアグラム」のことが知りたくなったので、「エニアグラム」を検索👇

 

www.enneagram.ne.jp

 

servantcoach.jp

 

何個かサイトがあるんですけれど、個人的にしっくり来たのは2番目のほうでした。

 

私自身はタイプ6の「慎重者」。

この「慎重者」の中に「事実と解釈」が出てきました。

 

事実と解釈をごっちゃにしている

「慎重者」は、「事実と解釈」を一緒に考えてしまう傾向があるそうです。

 

悩んでいること、問題だと思っていることが、「解釈(想像)」なんですね。

モヤモヤと悩んでいる時って、事実と解釈を分けて判断していないらしいんです。

 

自分が抱く未来の妄想(勝手な解釈)に対して不安になっていたんですね。

 

言われてみたら確かにその通り。

しかもよくよく考えていたら、「今」に問題なんてないんです。

 

それって本当に「今」の悩みですか?

「今」の自分が、

「これは問題だ!大変だ!」

と思っていることも、

「未来に困ることだから大変」

だと思っているんです。

 

さっきの階段の話も、不安だと感じていることは全て「未来に起こる可能性がある」と思っていること。

(あほくさいものも混じっていますけれどね、この世に「絶対」は無いからね、異世界に連れて行かれる可能性もゼロではない・・はず。)

 

シンプルに受け入れる

これに気づいてから、ムダに不安になるのはやめて、物事はシンプルに受け入れようと思いました。

 

自分で作った不安で、自分を苦しめるなんて超ドS!!

苦しめられることを、当たり前に受け入れていた自分は超ドМ!!

 

SM には興味がありませんので、被害妄想な「解釈」とは、ここでお別れします。

 

 

www.mokerin.com