モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

自分が好きなものに好かれるとは限らない

f:id:mokerin:20210121104413p:plain

 

 

塩谷舞さんのnoteを読んで、「傑作」について考えていました👇

 

note.com

 

塩谷さんは、もともと絵を描くことが好き。

チラシの裏に描いた自由な絵は、褒められることもあったそう。

 

しかし、いざキャンパスに描こうとすると、思ったように絵が描けない。

力が入って、気づいたら子どもっぽい絵に仕上がっている。

 

「傑作を書こう」

と思う気持ちが、駄作を生んでいる。

その事実に嫌気がさして、絵を描くことを続けられなくなった塩谷さん。

結局、絵を描くことを辞められたそうです。

 

「傑作」を書きたくて、でも駄作しか生まなくて夏。

そんな状況に嫌気がさすというの、まさに今の自分のことを言われているかのようで、鼻息を荒らしながらめちゃめちゃ共感しました。

(めちゃめちゃって死語なんですってね、知りませんでしたし今後も使いますけどねbyアラフォー)

 

 

面白い文章を書きたいのに、書けない。

そんなジレンマを抱えて、なかなかブログを仕上げることが出来ない。

下書きがどんどん溜まっていく。

出すもの(ネタ)はあるのに、出すことが出来ない。

かなりの便秘状態。

 

何をそんなに気負っているんだ。

俺はプロでもないのに!!(行き詰まると性別が変わります)

そう思う気持ちもあるのに、どうしても「傑作」を書きたいという気持ちが強い。

 

www.mokerin.com

 

 

塩谷さんの文章を読んでいて思ったのですが、自分が好きなものだからといって、相手も好きになってくれるとは限らないんですよね。

 

例えば、私なら文章を書くことが好き。

けれど文章が私を好きになるとは限らない。

どれだけ書くことを続けていても、文章にはそっぽを向かれたまま、永遠に分かり合えない可能性もある。

そうすると、私はずっと文章が下手くそな人。

 

何でも続けていたら、そこそこ上手になるとか言う人もいる。

けれど、上手にならない場合だって、世の中にはたくさんあるんですよね。

 

 

www.mokerin.com

 

 

自分に合う合わないというのは、必ずある。

私にとって合わないなと思っていること、考えてみたらたくさんありました。

掃除に洗濯に料理、アイロンがけに縫い物などなどエトセトラ。(主婦として致命的な部分が特化して苦手)

 

もしかしたら自分には合わないのかもしれない。

永遠の片思いかもしれない。

それでも続けていきたい!

そう思えるものに出会えたら、それはめちゃめちゃラッキーなんでしょうね(またまた死語を使ってやったぜ!)。

 

私の場合、片思いであっても、やはり文章は書いていきたい。

 

「傑作を書きたい」

という気持ちは忘れて、今後も気負わずに気楽に、ブログを書こうと思います。

 

 

www.mokerin.com