モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

本を自由に読んだ結果

f:id:mokerin:20210129095912p:plain

 

読んだ本の記録を、今月から「蔵書マネージャー」にしてみました👇

 

play.google.com

 

(本当は読書管理ビブリア👇が使ってみたかったんですが、androidに対応していませんでした)

読書管理ビブリア

読書管理ビブリア

  • Keisuke Uchida
  • ブック
  • 無料

apps.apple.com

 

私が「読んだ本」としているのは、

  • 読了したもの
  • 流し読みしたもの
  • 気になるところだけ読んだもの

こんな感じです。

 

今までは、本の最初から最後まで、一字一句もらさずに読み終えた本だけを「読書メーター」に登録していました。

 

「本は最初から最後まで読むもの!」

そう思って生きてきました。

しかし、最初から最後まで読んでいるはずなのに、読んだ本の内容を覚えていない。

それって読んでる意味があるのだろうか?

 

巷に出回っている「読書術」には、

「一冊の本から、たくさんのことを得ようとしない。

心に響く一行が得られたら、それでいい」

と書かれていたりします。

 

読んだ本の内容を、全て覚えているなんて無理。

だったら自分の気になるところだけを読むほうが、よっぽどいい。

 

www.mokerin.com

 

そんな感じでゆるく本と向き合おうと思い、「蔵書マネージャー」に「読んだ本」たちの登録を開始。

 

その結果、今月は44冊の本を登録しました。

 

この数字を見て、自分の移り変わりの激しさを思い知りましたね。

飽きっぽくて、集中するのが苦手。

そんな自分の弱点を改めて思い知りましたが、これはこれで良かったと思っています。

 

弱点も個性の一つ。

個性は、長所と短所の両方から出来ているもの。

短所と思っていることを無くそうすれば、個性も消えてしまう。

個性は大事なものだから、無くす必要なんてない。

 

そんな話が、倉園佳三さんの『グッドバイブス』に書かれています👇

 

この本も、自分の気になるところだけ読んだ本です。

最初から最後まで読まなくても、こうして自分の気持ちと寄り添ってくれる。

どんな読み方であっても、読書から得られるもので、助けられる自分がいる。

 

本を自由に読むことで、自由な自分が手に入るのかもしれませんね。

 

 

www.mokerin.com