モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

感想には自分の生い立ちが現れる

f:id:mokerin:20210204163143p:plain

 

1月に読んだ本、目を通した本は50冊でした。

(ほぼ斜め読みなので、完璧に理解できたぞ!という本は数冊程度です)

 

そんな読んだ本たちの中から抜粋して、今日はコチラの本の話👇

 

 

『プリズン・ブック・クラブ』

 

自宅前で不審者に狙われ、襲われた著者。

友人に誘われて訪れたのは、刑務所の読書会。

 

犯罪者たちに対する恐怖心を抱えつつも、彼らとの交流を深めていく著者の姿が印象的でした。

 

そして、この本を読んで私が思ったのは、

「本の感想には、自分の生い立ちがダイレクトに出てしまう」

ということでした。

 

騙され続けた人は、本の主人公がいくら良い人であっても「信用できない」と思ってしまいます。

「人は裏切るもの」だと思ってるから、どんなに善い行いをする人の話を読んでも、裏の意味を探るんです。

善意で動く人がいるということが、信じられない。

 

物事の解釈には、自分の過去が思いっきり反映してしまうんだと、改めて思いました。

 

解釈にかたよりがあることに、本人は気づいていない場合もあります。

無意識に染みついてしまっているものがあって、それを通して物事を見てしまう。

けれど本人は、無意識だから気づかないんですよね。

 

私もそういう無意識なものがきっとあるはず。

フラットに物事を見たいと思うけれど、偏った物の見方をすることも、また個性の一つかもしれない。

そんな相反する思いを抱きました。

 

色んな角度で物事を見ることが出来たら、それが一番いいんでしょうね。

できるだけ角度を変えて、物事を見てみよう。

 

 

www.mokerin.com