モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

偉人のようになって欲しかった

f:id:mokerin:20210208094323p:plain

 

目が見えない、耳が聞こえない、話せない。

そんな三重苦を抱えていた、ヘレン・ケラーという女性。

 

そんなヘレン・ケラーに対して物申している本を読みました。

 

この本の著者・ジョージナ・クリーグさんは視覚障害者。

「どうしてヘレン・ケラーのようにできないの?」

と言われて育ってきたんだそう。

 

過去に偉業を成し遂げた人がいると、同じような境遇の人って比べられてしまうのでしょうか。

 

私自身、障害は持っておりませんが、ヘレン・ケラーと比べられたことはあります。

不登校児だったのですが、

ヘレン・ケラーという女性は、三重苦でも頑張っている。

あなたは三重苦じゃないんだから、もっと頑張れるでしょう」

と、教師や周りの大人に言われました。

 

言いたいことは分かりますよ。

「障害を持っている人が、ハンデを抱えながらも頑張っている。

ハンデがない健常者は、もっと上を目指せるのにどうしてやらないの?」

ってことが、言いたいんでしょう。

 

当時はこの発言に対して、反発していました。

 

しかしですよ。

親になったら、あの時の大人の気持ちを、自分が持っていることに気づきました。

 

私の娘は身体障害者

手足を自分の思うように動かせないので、重度の身障者です。

 

子どもの「出来ないこと」に目が向きやすいのが、親という生き物。

娘は「出来ないこと」のオンパレード。

「障害があるんだから、出来ないことがあるのは仕方がないこと」

と思ってみても、「出来ないこと」を受け入れられない。

 

頑張っている娘に対して、

「どうして出来るようにならないの?」

と、口に出してしまったこともありました。

 

www.mokerin.com

 


頑張って出来るようになった人が、過去に存在していたという事実。

これを励みに出来る人もいるかもしれない。

 

でも中には、偉人と比べられて、しんどい思いを抱えている人もいるはず。

そんな思いを代弁してくれる『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』

 

娘にはヘレン・ケラーのような、大きな存在になって欲しかったんだと気づきました。

偉人のようになって欲しかった私の勝手な思いに、娘が応える必要はどこにもありません。

 

私がしていくことは、娘の成長を見守ること。 

サポートしつつも、本人の成長を信じて見届ける。

 

期待せず、焦らずに、見守る。

何て難しいんでしょうね、子育ってってね。

 

難しいし、へこたれそうになる。

それでも子どもたちが笑っていると、私も嬉しいので、これからも頑張ります。

6割ぐらいはね。

 

www.mokerin.com