モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

頭の中が考え事でいっぱいの時は

f:id:mokerin:20210209095539p:plain

 

頭の中が、ゴチャゴチャしていませんか?

考えるだけで疲れてしまう、そんなことってありますよね。

 

考えて疲れるのに、変化が何もない。

あんなに一生懸命に考えていたのに、改善策も見当たらない。

「私の頭が悪いからなんですか!?」

と、知らない人に詰め寄りたくなることってありますよね(ないわ)。

 

そんな時に、『「言葉にできる」は武器になる』を読んで、

「頭が一杯になった=よく考えたと誤解してしまう」

という文章を読んで、これだ!!と気づきました。

 

本には、

思考が進んでいくと、最初に考えたことが忘れ去られてしまう。

断片的で脈略もなく、考え散らかしていることに気づいていない。

ともありました。

 

一生懸命に考えているつもりが、考え散らかしていただけだったんですね。

まるで、禿げ散らかしていただけのように。

 

ある日の、私の頭の中👇

 

「これからの働き方はどう変わるんだろう」

👇

「あー昨日買ったチョコレート食べるの忘れてた」

👇

「でもチョコレート食べたら太るから少しずつ食べないとね」

👇

「けれど人生は短いし、好きなように食べ散らかしたい」

👇

「それにしても部屋が汚いな」

👇

「掃除しなくちゃ」

👇

「あれ?でも何か考えていたような気がする」

👇

「・・・・・・忘れた。それに疲れた。なんか食べよ」

👇

どら焼き食べる。

 

というような流れが、当たり前でした。

 

うん、禿げ散らかして・・・考え散らかしているね。

そして、チョコレートを食べることを忘れているね。

 

こうならないためにも、まずは頭の中の「言葉」を表に出すこと。

言葉を紙に書き出して、その言葉たちを「グループ分け」すると良いそうです。

 

家族のこと、仕事のこと、健康のことなどなど。

グループ分けすることで、自分が何を重要だと思っているのかも分かります。

 

え?私が重要だと思っていたことですか?(誰も聞いてない)

主にチョコレートのことを考えていましたね。

「なんでどら焼きを食べたんだ!」と自分に詰め寄りました(どうでもいい情報)。

 

禿げ散らかして・・考え散らかして疲れる前に、自分の頭の中の声を、紙に書き出してグループ分けするのはオススメです。

結構しょうもないことで疲れているって気づくから、肩の力が抜けるはず。

 

 

www.mokerin.com