モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

狭い世界で生きている

f:id:mokerin:20210212102122p:plain

 

先日紹介した、藤本シゲユキさんの『本当の自分を取り戻して、一生ブレない幸せを手に入れる方法おしえてやんよ。』の中に、

「やりたいことが見つからないのは、狭い世界で生きているから」

といったことが書かれていました。

 

 

藤本さんの話とは別ですが、

「やりたいことを見つけるために、子どもの頃に好きだったことをやってみよう」

みたいな話もあったりしますよね。

 

その話については、コチラにも少し書いています👇

 

www.mokerin.com

 

子どもの頃に好きだったことは、自分にとって「本当に好きなこと」。

なので、そこから自分のやりたいことを見つけていくのも、一つの方法だと思います。

 

ただ、子どもの頃って、今以上に「狭い世界」なんですよね。

「狭い世界」で見つかるものには、限界があると思うんです。

 

本当に自分が夢中になれるもの。

それを見つけたいなら、世界を広げるほうが良いのかも。

 

世界を広げるには、とにかく何でもやってみること。

気になるものを片っ端から試すことが大事。

 

しかし。

「やりたいことが見つからない」

と言っている人の大半は、何でもやってみるというのが苦手。

何故か。

 

やったことがないことでも、

「これは嫌い」

「これは苦手」

などなど。

 

試しもしないのに、否定ばかりしているそうなんです。

 

www.mokerin.com

 

自分の勝手なイメージで、やるかやらないかを判断している。 

「狭い世界」で生きていることを、自ら選んでいるってことでしょうか。

(思い当たる節がありすぎて、耳が痛い)

 

広い世界は危険がいっぱいだから、自分のテリトリーにいたい。

けれど自分のテリトリーでは、やりたいことが見つからない。

何とかして、この「狭い世界」でやりたいこと、夢中になれるものが見つからないものか。

そんな虫のいい状況を願っているんですよね。

 

動きもしないで、何かが見つかるわけがないのに。

 

 

何でもチャレンジしてみないと、良さなんて分からない。

まずはチャレンジですね。

 

重い腰をあげてみようっと・・。

 

www.mokerin.com