モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

不安は標準装備らしいんだけどもね

f:id:mokerin:20210226095623p:plain

 

「不安ってデフォルトで存在しているので、無くそうと思っても無理」

といった話が、『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』に書かれていました👇

 

「不安を抱えてしんどい」

と言う悩みに対して、本にあった答えが上記のもの(だいぶ要約しています)。

 

不安を抱えていないと、人はすぐに死んでしまう。

だから不安を抱えているということは、生存能力が高いということ。

不安が強い人ほど、生き残る確率が高い。

 

そういったことが、本に書かれていました。

 

『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』だけではなく、「不安」について書かれている本には、この「生存能力が高い」といった話が毎度のように書かれています。

 

最初は「なるほどな~」と思いながら読んでいたんです。

でもいい加減、ちょっと物申したくなってきました。

 

www.mokerin.com

 

不安に変換する能力

不安感が強い人ってね、何でも不安に変換する能力が優れているんですよ。

 

だから「生存能力が高いんですよ」と言われたら、

仲間の中で一番最後に死ぬんだろうか?

一人だけ長生きする可能性もあるってことよね?

長生きするなら働き続けないと食べていけないのでは?

いつまで頑張ればいいの??

 

こんな風に不安要素を、山のように排出できちゃうんですよね。

 

「不安を抱えてしんどい」

という悩みに対して、

「生存能力が高い証拠だよ!」

「人間は不安を抱えている状態が普通なんだよ!」

と言われても、全く救いにならない。

 

www.mokerin.com

 

ネガティブの連鎖

でもね、分かってもいるんですよ。

不安感の強い人にとって、不安を解消する答えなんかないってことをね。

 

何でも不安に変換する装置があるのということは、どんな解決策を提示されても、その言葉の裏を考えてしまうということ。

「○○したら?」

と言われても、

「○○して××になったらどうすんの?」

みたいに何でもネガティブな方に考えてしまうんです。

 

分かりやすいのは、ブラックマヨネーズの漫才。

心配事がある吉田さんの話に、解決策を提案する小杉さん。

その提案に不安を訴える吉田さん、その不安を解決しようとする小杉さん。

 

漫才だから笑い話になるんですけど、不安感の強い人って、吉田さんのような状態がずっと続いているってことですよね。

ただの難癖じゃないか!と思うぐらい、解決策にケチをつけるもんね。

 

www.mokerin.com

 

状況を変化させるには

ケチをつけずに、何でも素直に受け止めてみると、また違った人になれるんでしょうかね。

でもそれって思考停止しているってことになりません?(早速のケチ)

 

自分が変わらないと、状況も変わりませんよね。

不安な状況が嫌だったら、自分が変わるしかないんだろうな。

 

自分を現状維持しつつ、状況だけ変わって欲しいなんて虫のいい話ですよね。

まずは自分が不安を抱える人だということを、受け入れるしかない。

今の自分の「考え方」を変えて、目にしている状況を変えていくしかない。

 

なるほど。

ここまで書いてきて、ようやく本に書かれている意味が理解できました。

 

不安をどうにかしようとしているから、不安が大きくなっているんですね。

不安は不安として受け止めるしかないんだ。

 

騒げば問題は大きくなる。

気をつけます。

 

 

www.mokerin.com