モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

その不安は、誰かの不安だったりしませんか?

f:id:mokerin:20210318101843p:plain

 

「近くに悩みすぎる人がいれば、自分も悩みすぎる人になる」

 

大嶋信頼さんの『「悩みすぎる」人のトリセツ』に書かれていました。

 

ミラーニューロンは「相手の真似をしよう」と思わなくても、自動的に脳内で相手の脳の状態を真似してしまいます。

さらに、このミラーニューロンは「相手の動作や言葉の真似をすればするほど、活発に相手の真似をする」ということをします。

と、本に書かれていました。

 

つまり、家族に悩みやすい人がいたり、同僚に悩みやすい人がいると、自分も悩みやすい人になってしまうらしい。

 

これって「悩みやすい人」が一人いるだけで、「悩みやすい人」を増殖させてしまう危険がありません??

ネガティブな集団を作り出すのは、めっちゃ簡単なことじゃない??

 

悩みすぎる原因

本を読む前は私も、

「どうして私は、悩んでばかりいるんだろう・・。」

そんな風に思っていました。

 

でもこれって親の影響が大きいんだと、本を読んで気づきました。

 

私の両親は、どちらもネガティブのかたまり。

些細なことでも大騒ぎして、不安を大きくさせるのがメチャクチャ得意!

そういう両親の影響を受け、私もずっと物事を悲観的にとらえる癖がついていました。

 

最悪の事態を予測するのはもちろんのこと、ただ歩いているだけであっても、

「空から槍が降ってくるかもしれない」

「道路が陥没して落ちてしまうかもしれない」

といった、おかしい発想が次々とあふれて不安になるんです。

 

これらの不安を、自分で作り出していると思っていたけど、親の影響を受けていたんですね。

実際に上記の言葉は、親が私に言っていたことなんですけど・・いやいや被害妄想もいいとこでしょ。

 

 

www.mokerin.com

 

 

夫の登場で変化

冷静に考えたらアホなことであっても、本人は大真面目に悩んでいて、それを「当たり前」と思ってるんですよ。

おかしい自分に全然気づかない。

 

そんな私ですが、徐々に親の考え方がおかしいと気づき始めます。

これは夫のおかげです。

 

夫はいつも、

「何とかなるでしょ」

という考え方をするんですね。

 

最初は夫の楽観視するところが、まったく理解できなくて。

どうして物事を深刻にとらえないんだ!

大問題になったらどうするんだ!!

と、心の中で思っていました。

 

勝手に悲観して大問題にしてるのは、私の頭の中だけなんだけどね。

 

 

www.mokerin.com

 

 

夫のポジティブにとらえる脳の働きは、私にとっても良い影響を与えてくれて、徐々に超ネガティブからは脱出していきました。

 

「何とかなる」

という言葉は、何も考えていない人が発する言葉だと、強く教えられて生きてきました。

でも何でもかんでも「大変なことになるよ!!」と恐れたところで、そんなに大変なことは次々と起こりませんよ。

現に私は今まで生きてきて、空から槍が降ってきたことは一度もないし。

 

その不安は誰が作ったもの?

不安は誰が作っているものなのか?

誰かの影響を受けて、自分が勝手に「不安」だと思っているだけかもしれません。

ここに気づくだけでも、不安がちょっとは減るかも。

 

本には、

「悩みすぎる人がいたら、近づかないようにする」

と書かれています。

 

その他の対処法も書かれているんですけど、何よりもまず離れる!!

これがベストですね。

 

ネガティブはうつるから。

感染しないためにも、出来るだけ離れましょう。

 

 

www.mokerin.com