モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

文章が書きたいのに書けない時は

f:id:mokerin:20210321111359p:plain

 

頭の中に吐き出したいものがあるのに、うまく言葉にできない。

そういう時は、自分の中に「言葉」が足りていないのかもしれない。

 

そんな風に思っていたら、近藤康太郎さんの『三行で撃つ』に、

「古典を読んで、文章を書こう!」

という話があった。

 

古典を読んで、文章を学ぶ。

言葉をどんどん頭の中に入れる。

そうすることで、もっとスムーズに(?)文章を書くことが出来るようになるらしい。

 

私の大好きな桜庭一樹さんも、読書日記の中で、

「小説を書く前に、本を読む。

そうしないと言葉が出てこない」

といったことを書かれていた。

 

インプットを大量にするから、文章が書けるんだなあ。

 

今の私も書きたい欲はあるけれど、出てくる言葉が少ない感じ。

こういう時は、自分の中に言葉が足りていないのかも。

それか単に、考えがまとまっていないか。

 

www.mokerin.com

 

 

文章を書くというのは、書くことに意識が向いている。

そのため、「読む」という行為がセットでついてくることを、スコーンと忘れてしまいがち。

「書く」と「読む」は、ハンバーガーとポテトのように、切っても切れない関係であるはずなのに。

 

古典を読むのは、1日10分でもいいと『三行で撃て』に書かれていた。

10分ぐらいなら・・という気持ちで始めてみようかな。

 

www.mokerin.com