モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

相手を思う気持ちとブログ

f:id:mokerin:20210416091920p:plain

 

「自分にベクトルが向いているブログは、読まれない」

といった話を、ワーママはるさんがVoicyでされていました。

 

コチラの放送です👇

 

ワーママはるさんも、以前アメブロをされていたそうです。

しかし全く読まれなかった!と、ご本人が仰っていました。

 

自分にベクトルが向いているブログは、日記と変わらない。

人の役に立つ内容を、相手の立場になって書くこと。

 

「ブログ=日記」という時代もあったけれど、今は違いますよね。

ブログが稼げる場所になってから、

「好きなことを書いたらダメ」

と思っている人が増えているはず。

 

www.mokerin.com

 

別に日記を書いてもOKなんですけどね。

ただ、日記を書いても

「読んでもらいたい!!」

という気持ちは、どこか持ち合わせている気がします。

 

アクセス数とか、読者数とか、目に見える数字に一喜一憂してしまいますしね。

数字が低いだけで、自分をダメだと感じたりする。

その気持ちを、まずは捨てたいところ。

 

f:id:mokerin:20210416085244p:plain

負の感情は「燃えないゴミ」の可能性が高いですね。

 

 

 

読んでもらいたい記事を書くためには、読みやすい文章ってのも必要ですよね。

(勝手な印象ですけど)

 

松浦弥太郎さんは、文章が読みやすいと言われることが多いんだとか。

(え?自慢してるんですか?と思った私は心が狭い)

 

「どうしたら読みやすい文章が書けますか?」

という質問に、

愛する人に気持ちを伝えるように、文章を書くようにしています」

と答えておられました。

 

コチラの本に書かれていました👇

 

 

ネットの世界では、相手の顔が見えません。

顔は見えないけれど、

「自分が書いた記事を読んでもらう相手は、自分が愛する人

そう思って文章を書く。

 

相手がどうして欲しいのかを考える。

相手が喜ぶことを考える。

自分のことばかりじゃなく、相手を思う気持ちを持つ。

 

常に自分のことで、いっぱいいっぱいの私には、ハードルが富士山辺りにある気がします。

f:id:mokerin:20210416090442p:plain

これは「エベレスト」ですな。

富士山以上に乗り越えられませんねぇ。

 

それでも誰かが笑顔になるような、そんなブログにはしていきたい。

ちょっと意識と視点を変えて、やってみます!

出来なかったらごめんなさい(←すでに諦めてる感)。 

 

www.mokerin.com