モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

ペンとペンが重なる二つの心

f:id:mokerin:20210416101705p:plain

 

 

自分が考えていることを、紙にバーッと書いていきます。

書き終わったら、事実を青ペン、思ったことを赤ペンでなぞります。

すると不思議なことに!

事実と解釈が分かってしまうんですって!!

 

『あなたの24時間はどこへ消えるのか』に書かれていました👇

 

 

実際にやってみました。

 

そうしたらね、なんと!!

事実と解釈の区別がつかない!

ということに気がつきました。

 

え?どういうこと?と思いますよね。

 

例えばですけど、

「稼げない人は無能である」→思っていることなので赤ペン

「お金はたくさんあったほうがいい」→思っていること以下略

「お金を稼ぐのは親の務め」→(え?どっち??)

みたいになるんです。

 

自分が事実だと思っていることも、それが思い込みの可能性を捨てきれずにいて、判断がしにくい。

 

固定観念が大きくて強すぎて、赤と青の線がうまいこと引けないんです。

どっちの色を使ったらいいのか分からないから、どっちの色も使おうかなってなるし(紫が誕生しました!)。

 

素直な人はスラスラいけるんでしょうかね?

私みたいに屁理屈大魔王ショッキング紫!には無理だわ(自分のカラーにしてる!)。

 

 

多分ですけど、赤と青に分けることを何度も繰り返していく。

そうすることで、少しずつ自分の思い(赤)と、事実(青)に気づいていくんですよね?(急に判断を任せてきた)

 

自分で判断できるようになるまでには、時間がかかるってことでOK?(判断に困ったら問いかけるシステムに変更いたしました)

 

自分が思う以上に、自分が抱えている「事実と解釈」の闇って深いですね。

自分の当たり前が、ただの解釈ってことは山ほどあるもんね。

 

「真実は、いつも一つ!」

って言うけどさぁ、私には何が真実なのか…分からないよ、コ〇ナン(伏せるとこ間違えて、ホームセンターみたいになってる)

 

興味がある方は、是非、赤ペンと青ペンでやってみてください。

紫色がたくさん生まれますように✨(生まれたらアカン)

 

 

www.mokerin.com