モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

親の意見は「感想」だそうで。

f:id:mokerin:20210419110106p:plain

「そんな仕事で大丈夫?」

「そんな服を着るの?」

「あの人と付き合うのは、やめたほうがいい」

 

などなど、親は色んなことに口を出してきますよね。

 

親の言うことに、一つ一つ反論したい気持ちはあるんです。

けれど、親の言うことが正しいのかもしれないとも思ってしまう。

 

そして親の発言を、重く受け止める癖が抜けないのです。

 

www.mokerin.com

 

 

親は子どもをずっと見てきた立場。

経験値も子どもに比べたら高いはず。

だから発言の数々には、深い理由があるんだろうと、勝手に思っていました。

 

しかし。

精神科医Tomyさんの本に、

「親は感想を言っているだけ」

と書かれいていて、力が抜けました。

 

コチラの本です👇

 

親の発言は全て根拠があるだろうなんて、こちらの勝手な幻想でしかないんですよね。

いくら経験値が子どもより高いといっても、全てのことを見通せる千里眼があるわけじゃないんだから。

 

小言のように聞こえるものも、根拠があるものばかりじゃない。

自分の思いと違う道を歩んでいる我が子に、意見しているだけ。

 

「そんな仕事で大丈夫?」

という親の発言も本当は、

「きちんとした会社に入ってくれないと、私たちが安心できないじゃない」

という意味かもしれませんもんね。

 

 

 

親の発言に振り回されるのは、自分に自信がない可能性もあるそうです。

自分に自信をつけていくためにも、親の発言を重くとらえないこと。

 

「あぁ、また感想を言っているんだな」

と、親を客観的に見る。

 

大人になったら親も子どもも

一人の人間に過ぎないの。

親からの言葉はアナタを

認めるとか認めないとか

そういう話ではなく、

一人の人間の「感想」に

過ぎないのよ。

それをちゃんと自覚することが

振り回されないために

必要なことなのよ。

『人の好き嫌いなんていい加減なものよ。』より引用

 

未だに親に振り回される私。

客観視していこう。

 

www.mokerin.com