モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

毎日、同じ時間、同じ場所にいる

f:id:mokerin:20210422095714p:plain

 

ワーママはるさんのVoicyに、

「フォロワーさんを増やすコツ」

の話がありました👇

 

 

この放送で、

「フォロワーを増やしたいなら、毎日、同じ時間に配信する」

これが、フォローしてもらうための信用に繋がるそうです。

 

この話になるほどなぁと思っていたら、ちきりんさんも似たような話をされていました👇

 

 

「毎日の配信をしないと、自分の場所を誰かに取られてしまう」

という話。

 

配信を休んでしまうと、フォロワーさんが離れてしまう可能性がある。

だから毎日配信を続けたほうが良いんだそうです。

 

 

 

これを受けて。

 

毎日、同じ時間、同じ場所にいる。

言われてみると、これって安心材料だと感じます。

 

毎日更新していた人が、更新しないと気になりますもんね。

直接理由を聞く勇気はないので、気にしているだけで終わっちゃうんですけども(人見知り発動)。 

 

これを自分に置き換えた場合。

毎日、同じ時間、同じ場所にいる。

これは本当に難しいですね。

 

毎日って365日ですからね(知ってる)。

実行しようと思ったら大変ですよ。

 

大変と言いながら、こんな記事👇も書いてましたけどね、私。

www.mokerin.com

 

SNSを仕事としてでなく、趣味としてとらえていても、

「更新しなくちゃ」

と考えていたら、許可を与えていないのに「ストレス」に変身しますよね、SNSってね。

 

あたしンちにも、似たような話がありましたっけ。

みかんのお母さんが、Twitterを始める話。

コチラに収録されています👇

 

日々の何げないことを伝えるということで、スタートしたはずのTwitter

 

しかし、何をつぶやいたらいいのか、悩む母。 

「トイレなう!

でも書く前にトイレ終わっちゃうなう!

つぶやきたいことはあるのに、書き込む前に終わっちゃって、何にも呟かない母。

 

でも頭の中では、つぶやき続けるんですよ。

「電話なう」

「買い物なう」

「サイフ忘れたなう」

こうして脳内で、一人Twitterを延々と繰り返す母。

 

私もTwitterのアカウントを作って3年になるんですけど、みかんのお母さんと未だに同じ状況なんですよね。

頭の中では呟きまくっているのに、現実には何にも呟かないからTwitterがあんまり機能してません。

 

「これは呟きたい!」

と思ったことでも、3歩歩いたら忘れますしね(かなりの鳥頭)。

思い出すために、また元の位置に戻って歩いてみたり。

歩き回ってたら別のネタを思いついて

「呟こう!」

と思うのに、歩いてたらまた忘れるというね、もうエンドレス(スマホは持ち歩きましょう)。

 

ここまで書いてきて気づきましたけど、力が入りすぎているのかもしれませんね。

そんなにガッツリと力を入れて奮闘しなくても、良いんじゃないのかね。

f:id:mokerin:20201223092244p:plain

そんなに奮闘して、どこへ行こうというのかね。

 

楽しむって要素を、ゴッソリ根こそぎ忘れている。

楽しいと思っている人のところに、人は集まるって言うのに。

 

毎日、同じ時間、同じ場所にいる。

気楽に楽しみながら、お会いしましょう。

 

www.mokerin.com