モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

やりたいことが分からない原因

f:id:mokerin:20210502093741p:plain

 

「やりたいことが分からないのは、動かないから」

 

堀江貴文さんの記事に書いてありました👇

r25.jp

 

何をしたらいいのか分からない人、やりたいことが分からない人。

こういう人は、自分から動くことをしていない。

やりたいことが出てくるまで、じっと待っている。

これでは「やりたいこと」が見つかるわけがない。

 

そんな話を、西野亮廣さんも仰っていましたけれども、全く仰る通りですよ。

 

 

「やりたいこと」って、どこかから降ってくると思ってましたね~。

頭で一生懸命に考えたら、「やりたいこと」が見つかるとも思ってました。

だから『やりたいことの見つけ方』という本を読んだりしてね👇

 

『やりたいことの見つけ方』で、自分の内面と向き合う。

自分が好き嫌いや、苦手と思うものに気づく。

でもそこから「やりたいこと」に繋がらない。

何故なら、何にもしていないから。

 

やってみたいな~と思うものがあったとしても、手を出すのが怖いんですよね。

上手くいかなかったらどうしよう、失敗したら嫌だな、という気持ちが強くてチャレンジしたくない。

傷つきたくないから、手を出さない。

フラれるのが怖いから、告白しない。

太るのが怖いから、チョコは食べたくないけどむしゃり(体重の増量は許可しました)。

 

完璧主義だから、失敗したくない。

だからチャレンジしたくないんでしょうね。

 

www.mokerin.com

 

 

そして気づいたのは、物事を一歩引いて見ているということ。

ハマることを見つけたいのに、何かに夢中になることを恥ずかしいと思っているんですよ。

頑張る自分を、恥ずかしいと思ってしまうんですよね。

ここに他者目線がある。

 

自分が人からどう見られるのか、そこを気にしちゃっているんです。

だから自分が「やりたいこと」よりも、「人からどう思われるか」が重要なんです。

 

こうして一向に「やりたいこと」にたどり着かない。

そして年月は流れて、気づけば御年90歳。

「何でもいいからやってみたら良かった~」

なんて、病院のベッドでTwitterにつぶやく(言葉にできない熱い思いはメディアに放出)。

 

大きなことを成し遂げようとしなくていいんですよね。

何でもいいから、とにかくやってみたらいい。

 

小さなことでも何でもいい。

とにかく楽しいことを始めてみよう。

 

まずは何をしようかな~。

とりあえずチョコレートでも食べながら考えてみよう(体重のさらなる増加が決定しました)。

 

www.mokerin.com