モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

食べられるものなら、好きなだけ食べたい

f:id:mokerin:20210513160426p:plain

 

山本ゆりさんの

「食べたものを書き連ねただけの日記」

が、めちゃくちゃ好きです。

 

コチラ👇

ameblo.jp

 

夫さんの実家に帰省する、夏と冬にだけ繰り広げられる「食べたものを書き連ねただけの日記」

毎回、朝からモリモリと食べる、ゆりさん。

運動とか激しいダンスなどをするわけでもないのに、マジでめっちゃ食べてて毎度ビックリします。

 

私も小食ではないけれど、ゆりさんの食べる量には到底およばない。

「ゆりさんは、何でこんなに食べれるんだろう?」

と考えて、すぐに出た結論(悩む時間もなかった)。

若いから??????(結論を読んでる人にたくした)。

 

私もアラフォーになって5年ぐらい経ちますけど、年々、食べられる量が減っているんです。

いや、食べようと思ったら全然いけるんですよ?

大盛りのラーメンでも、大盛りのポテチでも、パーティーサイズでもいけれる。

 

でもね、あとが大変なんです。

胃もたれ、腹痛、その他もろもろ(諸事情あって伏せますけど)←この時点でバレバレ。

 

このね、後々の大変さを考えると、どうしても食べる量を少なくしてしまうんです。

この倍はいけれる!と思っているけど、倍より大さじ1杯ほど量を減らしたりします(何の意味もない減量)。

 

それなのに!

そこまで気を遣っているのに!

染みついた脂肪が何をしても減りません。

何をしても痩せないなんて、これが中年か・・・(食べる量が減っていないのが原因ですね)。

 

体型を維持するのは、思っているよりも難しいと、太った両親を見ていて思います。

何なら義両親も横綱級だしね(サラッと失礼)。

我が子たちの未来は、暗雲が立ち込めてる。

 

親の姿は将来の自分かもしれない。

そう思うと、むやみに食べ物を口にしてはならない。

そう心に誓いながら、ポテチむしゃむしゃ(誓いのムダ)。

 

それにしても、食べるだけの日記をあそこまで面白く書けてしまう、そんな山本ゆりさんが大好きです。

何の話だ、これ。

 

👆コチラも最高に面白かったです!!